涙はいのちの振動、感性の声

最近、よく涙を流しています。

そんな涙のことを考えてみたら、この間書いた記事とつながりました。

涙は込みあげてくるもの。

つきあげてくるもの。

そうであるならば、涙は感性の声、囁き、叫び、歌声だ。

涙が流れるとき、何かを感じているということ。

そこに、感性を震わす、魂を震わす、何かがあるということ。

ライブやコンサートの大音量で身体が振動するように、何かに心と魂が振動しているということ。

頭では理解できなくても、心と魂に響いているということ。

大切な何か、必要な何か、欲している何かがそこにあるということ。

そう思いました。

The following two tabs change content below.
花芽 英莉(かが えり)

花芽 英莉(かが えり)

10代の頃より、心のことに興味を持ち学ぶ。様々な心理療法、セラピー、カウンセリングなどを学び、実践。人の内側の豊かさや、本来のその人らしさに触れることに、いつも感動し、心の探求を続けている。現在は教育関連の仕事に従事。日々、沢山の人との対話から、本当に一人として同じ人はいない豊かさを心から楽しむ。自然の中にいるととても心が落ち着き、元気をもらう。人との出会いから新しい世界を知ることが大好き。その他好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。