涙はいのちの振動、感性の声

最近、よく涙を流しています。

そんな涙のことを考えてみたら、この間書いた記事とつながりました。

涙は込みあげてくるもの。

つきあげてくるもの。

そうであるならば、涙は感性の声、囁き、叫び、歌声だ。

涙が流れるとき、何かを感じているということ。

そこに、感性を震わす、魂を震わす、何かがあるということ。

ライブやコンサートの大音量で身体が振動するように、何かに心と魂が振動しているということ。

頭では理解できなくても、心と魂に響いているということ。

大切な何か、必要な何か、欲している何かがそこにあるということ。

そう思いました。

60分傾聴オンラインセッション

新型コロナウィルスの影響により、これまでにない状況になっています。

仕事や生活の変化がもたらす大小のストレスで、心にモヤモヤやイライラ、寂しさ、不安などを溜めていませんか?

自分の気持ちを閉じ込めていませんか?

期間限定の特別価格でのオンラインセッションを提供することにしました。(2020年9月末まで)

詳細はこちらをご覧ください。

お申し込みはこちら

この記事を書いた人

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

カウンセラー/セラピスト/講師/ファシリテーター
カウンセリング・セラピー・コーチングなどを融合させ、人がいのちの喜びを生きることをサポートしています。
10代の頃から心に興味を持ち学ぶ。「自分のやりたいことが分からない」、「感情が分からない」、「人とのコミュニケーションがうまくできない」、自身も苦しんだこれらの悩みに光をもたらしてくれたのは、心の学びを通じて、自分の心を見つめることでした。
悩み苦しみは、転じていのちの喜びへと通じているのだと思います。そのプロセスの伴走をさせていただいています。
好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。また、自然をこよなく愛する。