負の気持ちに触れることは、実は光に触れること

割と最近まで、カウンセラーやセラピストは、人の負のエネルギーや暗闇に触れて、重くて耐えきれないのではないかと思っていた。

悲しみ

寂しさ

虚しさ

怒り

悔しさ・・・

そういう負の部分に触れ続けることへの怖さがあった。

けれど、本当は違う。

その闇の向こうに、

人が真に求めてやまないもの

希求するもの

切望するもの、がある。

その光に触れたい気持ちがあるから、闇がある。

闇は、光があることの証。

一緒にその闇を見ていくということは、その人が光に触れたい気持ちも一緒に感じていくということ。

その光も一緒に見ていくこと。

それは、言葉にできない深みと豊かさが流れる時間。

人の願いに触れる時間。

光に触れる時間。

60分傾聴オンラインセッション

新型コロナウィルスの影響により、これまでにない状況になっています。

仕事や生活の変化がもたらす大小のストレスで、心にモヤモヤやイライラ、寂しさ、不安などを溜めていませんか?

自分の気持ちを閉じ込めていませんか?

期間限定の特別価格でのオンラインセッションを提供することにしました。(2020年9月末まで)

詳細はこちらをご覧ください。

お申し込みはこちら

この記事を書いた人

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

カウンセラー/セラピスト/講師/ファシリテーター
カウンセリング・セラピー・コーチングなどを融合させ、人がいのちの喜びを生きることをサポートしています。
10代の頃から心に興味を持ち学ぶ。「自分のやりたいことが分からない」、「感情が分からない」、「人とのコミュニケーションがうまくできない」、自身も苦しんだこれらの悩みに光をもたらしてくれたのは、心の学びを通じて、自分の心を見つめることでした。
悩み苦しみは、転じていのちの喜びへと通じているのだと思います。そのプロセスの伴走をさせていただいています。
好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。また、自然をこよなく愛する。