自分の花を咲かせよう

紫陽花の葉っぱ

先週、関東各地で満開を迎えていた桜。

そのほとんどは見頃を終えて、いまは八重桜が見頃。そしてツツジもキレイに咲いています。

そんな風にキレイに花を咲かせている植物たちのそばで、今度は紫陽花が葉をいっぱいに広げて花を咲かせる準備を始めています。

ここ数年、私はどうもこの準備中の紫陽花と、花が枯れたあとの紫陽花が気になって目がいきます。なぜか分かりません。笑

それはさておき、この色とりどりの花たちが、それぞれのタイミングで次々と咲いていくのを見ていると、人間も一緒で一人一人にその人の季節があって、それぞれのタイミングで花を咲かせるんだなあ、としみじみ思います。

自分よりも早く咲いている隣の花を見て焦ったり、自分よりきれいに見える目の前の花を羨ましがったり、そんなことを花たちはするのかな。
少なくとも、見ている私には、どの花もキレイで、そして違う時期に咲いてくれるからこそ、この世の豊かさを感じられます。

自分のタイミングで、自分の花を咲かせよう。

次々と花咲き乱れる今この時期に改めて思いました。

竹富島リトリートのご案内

2023/4/28(金)〜5/1(月)で竹富島リトリートを開催します。

◆こんな方に

  • 日常から離れ、自分を見つめたい
  • 自分と対話する時間を持ちたい
  • 人生このままじゃ違う感じがする
  • 日々忙しくて自分のことを考える余裕がない
  • 仕事や人間関係でストレスを感じている
  • いのちや生きる力を感じたい
  • 変化の激しい時代に逞しく生きる力を得たい
  • 竹富島に行ってみたい
  • 海や空をからだいっぱいに感じたい
  • 自然の中で過ごしたい
  • 主催者の二人に会いたい

詳細はこちらをご覧ください。

お申し込みはこちら

この記事を書いた人

アバター画像

わたなべ えり

カウンセラー/セラピスト/講師/ファシリテーター
カウンセリング・セラピー・コーチングなどを融合させ、人がいのちの喜びを生きることをサポートしています。
10代の頃から心に興味を持ち学ぶ。「自分のやりたいことが分からない」、「感情が分からない」、「人とのコミュニケーションがうまくできない」、自身も苦しんだこれらの悩みに光をもたらしてくれたのは、心の学びを通じて、自分の心を見つめることでした。
悩み苦しみは、転じていのちの喜びへと通じているのだと思います。そのプロセスの伴走をさせていただいています。
好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。また、自然をこよなく愛する。