ミッションは願いであり、祈り

自分の使命は何だろう?

やりたいことは何だろう?

若い頃から、そんなことを考えて過ごしていました。

そして、答えが見つからず、時に空虚感を感じ、時に引きこもって過ごしていました。

仕事に喜びを感じていたり、やりがいや使命感を持ってイキイキ過ごしている人々を羨ましく思っていました。

私には、そんな使命やミッションは無いんじゃないか。

いや、でも、イキイキとした人生を送りたい。

諦めと期待を交互に感じながら、長い時を過ごしました。

そして、今、心の学びの仲間と一緒に深く自分と向き合っています。

思えば、ミッション、使命、という言葉を聞くと、どこか力が入る感覚がありました。

けれど、ミッションは願いであり、祈り。

そう思った時に、すーっと、心が静かになっていったのです。

今、少し自分の奥底から、その願いと祈りが少しずつ生まれてきているのを感じます。

まるで、鍋の中の水の温度が上がっていった時に、少しずつ、そして静かに鍋底から水面へ気泡が上がっていくように。

静かに瞑想しながら、その願いと祈りを湧いてくるままにしていたい。

そうすると、もっとクリアになってくるような気がするのです。

ミッションは願いであり、祈り。

The following two tabs change content below.
花芽 英莉(かが えり)

花芽 英莉(かが えり)

10代の頃より、心のことに興味を持ち学ぶ。様々な心理療法、セラピー、カウンセリングなどを学び、実践。人の内側の豊かさや、本来のその人らしさに触れることに、いつも感動し、心の探求を続けている。現在は教育関連の仕事に従事。日々、沢山の人との対話から、本当に一人として同じ人はいない豊かさを心から楽しむ。自然の中にいるととても心が落ち着き、元気をもらう。人との出会いから新しい世界を知ることが大好き。その他好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。