『ゲゲゲのゲーテ』:水木しげる氏の哲学を知る

ゲゲゲのゲーテ

第二次世界大戦下、

いつ召集され、

戦場で死ぬかもしれないという中、

10代後半だった水木しげる氏は、

死への不安から、哲学書を貪り読んだという。

そして、特にゲーテの生き方に共感し、

ゲーテの言葉を生きる指針とした。

そういえば、

私が詩に興味を持つきっかけとなったのも、

ゲーテの詩だった。

不思議なシンクロ。

『ゲゲゲのゲーテ』の中で紹介されていた、

ゲーテの言葉たち。

心に響くものがいくつもあった。

少しだけ紹介。

自分自身を知るのは、

楽しんでいるときか、

悩んでいるときだけだ

また、悩みと喜びを通してのみ、

自分が何を求め何を避けねばならぬかを教えられる

人は努力している間は迷うに極まったものである

否定的であることは、無に通ずる

人間が一人でいるというのは、よくないことだ

(中略)

ことに一人で仕事をするのはよくない。

むしろ何事かをなしとげようと思ったら、

他人の協力と刺戟(しげき)が必要だ

風が生まれるトークセッションのご案内

2024/7/11(木)20:00〜風が生まれるトークセッション第8回@オンラインを開催します。

◆第8回ゲストは、きむらまさおさん。

◆こんな方に

  • まさおちゃんの話が聞きたい方
  • まさおちゃんをもっと知りたい方
  • 生きることを見つめたい方
  • 自分の人生の問いを考えたい方
  • 人生の奥深さを感じたい方
  • 生きるヒントを得たい方
  • いのちの声を聞きたい方
  • 自分を深く見つめたい方
  • 理由はないけれど、ピンと来た方
  • 私やまさおちゃんとお話ししたい方

詳細はこちらをご覧ください。

お申し込みはこちら

この記事を書いた人

アバター画像

わたなべ えり

カウンセラー/セラピスト/講師/ファシリテーター
カウンセリング・セラピー・コーチングなどを融合させ、人がいのちの喜びを生きることをサポートしています。
10代の頃から心に興味を持ち学ぶ。「自分のやりたいことが分からない」、「感情が分からない」、「人とのコミュニケーションがうまくできない」、自身も苦しんだこれらの悩みに光をもたらしてくれたのは、心の学びを通じて、自分の心を見つめることでした。
悩み苦しみは、転じていのちの喜びへと通じているのだと思います。そのプロセスの伴走をさせていただいています。
好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。また、自然をこよなく愛する。