『ゲゲゲのゲーテ』:水木しげる氏の哲学を知る

ゲゲゲのゲーテ

第二次世界大戦下、

いつ召集され、

戦場で死ぬかもしれないという中、

10代後半だった水木しげる氏は、

死への不安から、哲学書を貪り読んだという。

そして、特にゲーテの生き方に共感し、

ゲーテの言葉を生きる指針とした。

そういえば、

私が詩に興味を持つきっかけとなったのも、

ゲーテの詩だった。

不思議なシンクロ。

『ゲゲゲのゲーテ』の中で紹介されていた、

ゲーテの言葉たち。

心に響くものがいくつもあった。

少しだけ紹介。

自分自身を知るのは、

楽しんでいるときか、

悩んでいるときだけだ

また、悩みと喜びを通してのみ、

自分が何を求め何を避けねばならぬかを教えられる

人は努力している間は迷うに極まったものである

否定的であることは、無に通ずる

人間が一人でいるというのは、よくないことだ

(中略)

ことに一人で仕事をするのはよくない。

むしろ何事かをなしとげようと思ったら、

他人の協力と刺戟(しげき)が必要だ

個人セッションのご案内

個人セッションを行っています。

◆こんな方に

  • 自分のやりたいことが分からない
  • 今の人生や仕事に充実感を感じられない
  • 自分はこの仕事をするために生まれた、と思える仕事をしたい
  • 自分を責めてしまう
  • 自分のことを好きになれない
  • 周りの人が自分を責めているように感じる
  • 自己表現や自己主張ができない
  • 自分の気持ちが相手に伝わらない、理解してもらえない
  • 自分を知りたい
  • 自分の気持ちを整理したい
  • 自分らしい人生を生きたい
  • コーチングを受けたことがあるけれど、スッキリしない、うまくいかない
  • 自分で自分を見つめ、セルフカウンセリングができるようになりたい

詳細はこちらをご覧ください。

お申し込みはこちら

この記事を書いた人

わたなべ えり

カウンセラー/セラピスト/講師/ファシリテーター
カウンセリング・セラピー・コーチングなどを融合させ、人がいのちの喜びを生きることをサポートしています。
10代の頃から心に興味を持ち学ぶ。「自分のやりたいことが分からない」、「感情が分からない」、「人とのコミュニケーションがうまくできない」、自身も苦しんだこれらの悩みに光をもたらしてくれたのは、心の学びを通じて、自分の心を見つめることでした。
悩み苦しみは、転じていのちの喜びへと通じているのだと思います。そのプロセスの伴走をさせていただいています。
好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。また、自然をこよなく愛する。