冬で起きれずさぼっていた朝活を復活させたら、やっぱり気分が良いので続けていきます

1週間に1~2回の頻度で、一人朝活をしている。

以前は、毎週していた。

暑い季節は、朝目が覚めやすい。

でも、冬になって朝起きれず、しばらくさぼっていた。

けれど、この朝活タイムは一週間のリズムを作っていたんだな、とその重要さに気づき、少し前に意を決して、復活させた。

朝は寒いけれど、暗いけれど、でもとにかく起きて出掛けてみよう。

そう思って復活させた朝活は、やっぱり気持ちが良い。

朝活タイムでは、一か月や、一週間など長めのスパンでのスケジュールを確認して、日々のやることや予定などを組んでいく。

その後、時間があれば、その時の気分で、集中して読みたい本を読んだり、早速済ませられるTO DOをこなしたり、ブログ記事を書いたりする。

そんな充実な時間を朝から過ごすと、やっぱりスッキリ気分爽快になるし、やる気が満ちてくる。

朝早く起きるのはちょっと大変だけど、この気持ち良さにはやっぱり代えがたい。

そう思ったら無理にでも起きられるようになり、朝活が復活した。

また習慣にしていき、この習慣を軸に更に良い習慣をつくっていこう。

60分傾聴オンラインセッション

新型コロナウィルスの影響により、これまでにない状況になっています。

仕事や生活の変化がもたらす大小のストレスで、心にモヤモヤやイライラ、寂しさ、不安などを溜めていませんか?

自分の気持ちを閉じ込めていませんか?

期間限定の特別価格でのオンラインセッションを提供することにしました。(2020年9月末まで)

詳細はこちらをご覧ください。

お申し込みはこちら

この記事を書いた人

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

カウンセラー/セラピスト/講師/ファシリテーター
カウンセリング・セラピー・コーチングなどを融合させ、人がいのちの喜びを生きることをサポートしています。
10代の頃から心に興味を持ち学ぶ。「自分のやりたいことが分からない」、「感情が分からない」、「人とのコミュニケーションがうまくできない」、自身も苦しんだこれらの悩みに光をもたらしてくれたのは、心の学びを通じて、自分の心を見つめることでした。
悩み苦しみは、転じていのちの喜びへと通じているのだと思います。そのプロセスの伴走をさせていただいています。
好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。また、自然をこよなく愛する。