変えられないものを変えたい、コントロールしたい欲を手放すと楽になる

久しぶりに美容院に行った。

初めて切ってもらう美容師さんと会話をした。

「どんな風にされるか考えていらっしゃった感じですか?」

「いいえ、何も考えてきませんでした。」

「(私の髪の毛を触りながら)これはパーマですか?」

「いえ、天然の癖なんです。」

「キレイな癖ですね。カラーはされてない感じですか?」

「しばらくやってないですね。欲がなくなりました。」

「そうなんですね。スタイリング剤をつけるのは、あまりお好きではないですか?」

「はい、好きではないです。ほとんど、というかつけません。」

「そうかな、と思いました。笑」

「昔、10年以上前ぐらいはやっていたこともありましたが、固めたい欲がなくなりました。髪の毛を触った時の手触りも好きではないですし。」

「色んな欲がなくなったんですね。笑」

「はい。笑」

そんな会話を冒頭にして、なんとなくの要望を伝えて、そこから髪質にあった提案をいただきカットが始まった。

終わってみれば、要望も叶えてもらって、髪の癖も活かしてもらっていい感じの仕上がりになっていた。

自分で同じようにするコツも教えていただき、大満足で店を後にした。

次の目的地への移動中、美容師さんと冒頭にした会話が気になって、思い返していた。

欲がなくなった、って、年齢重ねたからかしら・・。

ツラツラと考える。

そうしたら、ふと分かったことがあった。

欲がなくなった、というよりも、この天然の癖をもった髪を「コントロールしたいという欲」がなくなったのだ。

長年の付き合いから、季節や湿度の影響で癖が強く出る、この髪の毛の習性というか生態が分かってきた感じ。

若かりし頃は、その理解も無かったし、とにかくどうにもコントロールできないこの癖が嫌で、ストレートの髪の毛の子を羨ましく思っていた。

あんな風に、スーッと真っ直ぐなったらいいのにな・・・。

前髪も、キレイにおでこの前に出てきたらいいのにな・・・。

朝は、毎日のように鏡の前で、髪の毛と格闘していたことを思い出す。

けれど、今は格闘などせず、この髪の毛の習性全てを受け入れながら、活かすという方向に動いているのだ。

毎朝、起きて鏡を見て、おー!今日はそんな感じね、そう来るのね、と。

その日の髪の毛の状態を受け入れ、天候も考慮しながら、ささっと手入れをする。

こんな風に気持ちが変わったのは随分前のことで、そのきっかけは忘れてしまったけれど、

美容院で「キレイな癖ですね」と言われるようになったことが始まりだったかもしれない。

今は言われ慣れたこの言葉も、最初の頃は「えっ?!そうなの?」と驚いていた。

そう言われる度に、自分の髪を受け入れられるようになっていったと思う。

あるいは、自分の髪を受け入れ始めたから、その言葉も受け入れられるようになっていったのだと思う。

変えられないものを変えたい、コントロールしたいという欲は、非常に疲れるものだ。

その欲が無くなった今は、とても楽だし、自分の髪を好きにすらなっている。

The following two tabs change content below.
花芽 英莉(かが えり)

花芽 英莉(かが えり)

10代の頃より、心のことに興味を持ち学ぶ。様々な心理療法、セラピー、カウンセリングなどを学び、実践。人の内側の豊かさや、本来のその人らしさに触れることに、いつも感動し、心の探求を続けている。現在は教育関連の仕事に従事。日々、沢山の人との対話から、本当に一人として同じ人はいない豊かさを心から楽しむ。自然の中にいるととても心が落ち着き、元気をもらう。人との出会いから新しい世界を知ることが大好き。その他好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。