変わってしまった内側が、心や魂が次なる行き場所を探していることを教えてくれる

それまでとは、内側が変わってしまったと感じる時がある。

人の心って不思議だ。

眼に映る光景も変わってはいないのに、こちらが変わっているから、違って映る。

内側が変化するに至るきっかけは、些細な場合もある。

ただ、きっかけとなったものは全て引き金に過ぎず、心や魂が次なる行き場所を探している時なのだと思う。

そのサインのように感じる。

言葉にできない苦しさがある。

モヤモヤとしていて、具体的な問題があるわけではない。

もちろん日常にさまざまな問題はあるけれど、それらが取るに足らない小さな問題に思える。

それほど、内側で起きている何かが、自分にとって大きなものだということが分かる。

大きな地殻変動が起ころうとしている予感もするし、起こって欲しいとも思っている。

つまり、行き詰まっているのだ。

今の状態のままでいることに行き詰まっている。

具体的な策も見えず、動く方向も見えず、けれど、このままでいることは違うということだけが分かっている。

未来からの誘いは来ているはずなのに、その誘いの手が見えない。

苦しいけれど、あまりに曖昧すぎて、人に話すことすらも何かが違う。

私は今、その最中(さなか)にいる。

そして、人にはそういう時が人生の中で訪れることがあるのだと思う。

The following two tabs change content below.
花芽 英莉(かが えり)

花芽 英莉(かが えり)

10代の頃より、心のことに興味を持ち学ぶ。様々な心理療法、セラピー、カウンセリングなどを学び、実践。人の内側の豊かさや、本来のその人らしさに触れることに、いつも感動し、心の探求を続けている。現在は教育関連の仕事に従事。日々、沢山の人との対話から、本当に一人として同じ人はいない豊かさを心から楽しむ。自然の中にいるととても心が落ち着き、元気をもらう。人との出会いから新しい世界を知ることが大好き。その他好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。