早朝の車窓 幻想的な空の移り変わりに心を奪われる 一瞬が永遠に感じられる時間

朝、5時台の電車に乗ることがある。

冬至の頃は、真っ暗で漆黒の闇に包まれる時間だった。

けれど、春分が近づくこの頃は、

空が幻想的な色に染まる時間になった。

駅へ向かう道を歩いていると、

頭上の空がだいぶ明るいことに驚く。

東の空を見てみると、

地平線近くが、ベルト状にオレンジ色に染まっていた。

胸のあたりが、微かに沸き立つ。

それは、真っ暗だった空に現れた、

一筋のオレンジの光に心を掴(つか)まれた瞬間。

日の出が瞬間ごとに空を染めていく、

めくるめくような空の移り変わりを予感した、ときめき。

電車に乗り込む。

東の空が見える席に座る。

太陽が昇る位置に近いほど、色の移り変わりが大きい。

地平線近くのベルト状のオレンジ色の空。

少しずつ上空へと目をやると、

白んだ空との境目あたりが、

最初は、とてもうすい紫色に見えた。

その薄紫色が、やがて、ほんのりピンクがかった色へと変わった。

手前のビルや、民家の峰々は、

まだまだ暗くて、その黒いシルエットが空の色を引き立てている。

目覚め始めた空と、まだ目覚めていない建物たち。

光景が心に焼きつく。

ふと、西の空に目をやると、まだ夜明けが来ていない。

空と建物の間には、まるで、夜が更けていく手前のような時間が流れている。

突如、空が広くなり、視界が開けた。

走る電車から飛び出して、ずっとこの空を眺めていたくなる衝動に駆られる。

あぁ、時を刻むごとに、この空はどんな風に変化していくんだろう。

ずっと見ていたいなぁ・・・

その衝動をやり過ごして、また東の空へと目をやる。

視界をふさぐビルの合間から見えた空は、朱鷺(とき)の色をしていた。

うっすらとした、ほんのりとした、何とも言えない色。

じんわりとした感動が胸に広がる。

そして、まるで、恋い焦がれる人を目で追うように、

次はいつ見えるだろうか、と、

建物の合間から見える空を、心待ちにする自分がいる。

また空が見えた。

空に浮かんだ雲の陰影が濃くなっていた。

オレンジの色も濃くなり、

太陽の光が強くなっていることを感じさせる。

劇画のような色合いの雲。

それを最後に、低い空は、目の前の建物たちに阻まれてしまった。

はぁ・・・

なんて、胸が高鳴る贅沢な時間だったのだろう。

私の目に移る、空の種々の色々。

その一瞬一瞬が、

どんな空もが、

私を惹きつけていた。

感じることをすべて味わうこと。

それは、とても贅沢で至福の時間。

一瞬が永遠に感じられる時間。

The following two tabs change content below.
花芽 英莉(かが えり)

花芽 英莉(かが えり)

10代の頃より、心のことに興味を持ち学ぶ。様々な心理療法、セラピー、カウンセリングなどを学び、実践。人の内側の豊かさや、本来のその人らしさに触れることに、いつも感動し、心の探求を続けている。現在は教育関連の仕事に従事。日々、沢山の人との対話から、本当に一人として同じ人はいない豊かさを心から楽しむ。自然の中にいるととても心が落ち着き、元気をもらう。人との出会いから新しい世界を知ることが大好き。その他好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。