混沌としてきた頭の中のものを全て書き出した 可視化されたことでどんな変化が起こるか楽しみだ

今年に入ってから、色々と行動していることがある。

忙しさも手伝って、頭の中が混沌としている。

もちろん、考えたいことはあって、時折頭に浮かんでは消えていく。

まとまることもあるし、ふと新たな気づきがあることもある。

時々、散文のようにして書き出すこともある。

今日は、もう少しまとまった時間の中で、いま考えていることを書き出してみた。

自分の中にあったこと達が、目に見える言葉や文章へと変わっていった。

改めて、目に見える文字になると、何となく整理される感覚がある。

そうだよね、私、こんなこと考えていたよね。

ふと、こんまりさんの「人生がときめく片づけの魔法」という本を思い出した。

とても印象的な内容の一つが、片づけをする前に、とにかくタンスやクローゼットにある服を全部部屋に出すこと。

私も以前やったことがあり、とても驚きの体験だった。

こんなに部屋の中に物があったの?と目が点になってしまうくらい、物が出てくる出てくる・・・

そして、そこから片づけを始めていくのだ。

今の私は、まさにそんな感覚だ。

物質的な物ではないけれど、とにかく、頭の中のものを全部出した状態。

ここから何が起こってくるか分からないけれど、時に整理されたり、時に新たな展開が起きたりするのかもしれない。

何れにしても、頭の中にある状態よりは、形を持ち、強く意識される状態になった。

さて、これからどんな変化が起きていくのか。

楽しみつつ、見守りたいと思う。

The following two tabs change content below.
花芽 英莉(かが えり)

花芽 英莉(かが えり)

10代の頃より、心のことに興味を持ち学ぶ。様々な心理療法、セラピー、カウンセリングなどを学び、実践。人の内側の豊かさや、本来のその人らしさに触れることに、いつも感動し、心の探求を続けている。現在は教育関連の仕事に従事。日々、沢山の人との対話から、本当に一人として同じ人はいない豊かさを心から楽しむ。自然の中にいるととても心が落ち着き、元気をもらう。人との出会いから新しい世界を知ることが大好き。その他好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。