人生における蛹(さなぎ)の季節、身体と心が引きこもりたいと、切に願っている

内側に引きこもる日々が続いている。

引きこもることは、逃げることのように見えてそうではない。

引き込まざるを得ない時、というのが、人生にはあると思う。

意識が外に向かない時、外に向けることがしんどい時がある。

社会の中で生きている限り、外界との関わりなく人は生きていけない。

だから、もちろん大なり小なり関わりは持ったままではある。

けれど、最小限にとどめたいのだ。

不要な刺激、雑音を取り込むことなく、静かに静かにしたい。

身体と心が引きこもりたいと、切に願っている。

この状態は、蛹(さなぎ)の状態ではないかと私は感じている。

蛹は時が満ちるまで、殻の中にこもり、姿を変容させていく。

いのちの約束の時が訪れると、殻が自然と開いていく。

その時を待つのはとても苦しくて、何も手立てがないように思える時間。

けれど、諦めずに、ひたむきに、必要なことに集中して、その時が来ることを待つ。

諦めて、辛抱できずに、中途半端な状態で、その蛹の時期を終わらせようとしたら、きっといのちの望む姿にはなれないから。

The following two tabs change content below.
花芽 英莉(かが えり)

花芽 英莉(かが えり)

10代の頃より、心のことに興味を持ち学ぶ。様々な心理療法、セラピー、カウンセリングなどを学び、実践。人の内側の豊かさや、本来のその人らしさに触れることに、いつも感動し、心の探求を続けている。現在は教育関連の仕事に従事。日々、沢山の人との対話から、本当に一人として同じ人はいない豊かさを心から楽しむ。自然の中にいるととても心が落ち着き、元気をもらう。人との出会いから新しい世界を知ることが大好き。その他好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。