人生における蛹(さなぎ)の季節、身体と心が引きこもりたいと、切に願っている

夏の青空

内側に引きこもる日々が続いている。

引きこもることは、逃げることのように見えてそうではない。

引き込まざるを得ない時、というのが、人生にはあると思う。

意識が外に向かない時、外に向けることがしんどい時がある。

社会の中で生きている限り、外界との関わりなく人は生きていけない。

だから、もちろん大なり小なり関わりは持ったままではある。

けれど、最小限にとどめたいのだ。

不要な刺激、雑音を取り込むことなく、静かに静かにしたい。

身体と心が引きこもりたいと、切に願っている。

この状態は、蛹(さなぎ)の状態ではないかと私は感じている。

蛹は時が満ちるまで、殻の中にこもり、姿を変容させていく。

いのちの約束の時が訪れると、殻が自然と開いていく。

その時を待つのはとても苦しくて、何も手立てがないように思える時間。

けれど、諦めずに、ひたむきに、必要なことに集中して、その時が来ることを待つ。

諦めて、辛抱できずに、中途半端な状態で、その蛹の時期を終わらせようとしたら、きっといのちの望む姿にはなれないから。

60分傾聴オンラインセッション

新型コロナウィルスの影響により、これまでにない状況になっています。

仕事や生活の変化がもたらす大小のストレスで、心にモヤモヤやイライラ、寂しさ、不安などを溜めていませんか?

自分の気持ちを閉じ込めていませんか?

期間限定の特別価格でのオンラインセッションを提供することにしました。(2020年9月末まで)

詳細はこちらをご覧ください。

お申し込みはこちら

この記事を書いた人

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

カウンセラー/セラピスト/講師/ファシリテーター
カウンセリング・セラピー・コーチングなどを融合させ、人がいのちの喜びを生きることをサポートしています。
10代の頃から心に興味を持ち学ぶ。「自分のやりたいことが分からない」、「感情が分からない」、「人とのコミュニケーションがうまくできない」、自身も苦しんだこれらの悩みに光をもたらしてくれたのは、心の学びを通じて、自分の心を見つめることでした。
悩み苦しみは、転じていのちの喜びへと通じているのだと思います。そのプロセスの伴走をさせていただいています。
好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。また、自然をこよなく愛する。