たくさん泣き、涙を流しながら、悲しみの連鎖を断ち切っていく

淡い色のあじさい

ここのところ、私は泣きっぱなしだ。

仲間の辛い過去を聞いて。

悲惨な事件を知って。

深い愛の旋律を聴いて。

どんな人も、深い深いところで悲しみを抱えている。

元気そうでも、笑顔でも、普通にしてても。

本人に自覚があってもなくても。

安比高原に咲く黄色い花

日常に起こるすれ違いや諍いは、その悲しみが根っこにある。

そして、その悲しみは、この世に、この時代に、生まれ落ちる前から引き継がれてきたもの。

何代も前から、悲しみに悲しみが重なり、引き継がれてきたもの。

誰にも気づいてもらえない悲しみは連鎖する。

いまこの時代、そして目の前で起こっていることは、その悲しみの連鎖が引き起こしたもの。

私たちは、皆んな悲しみのプールにからだを浸けている。

でも、そのことに気づいていない。

気づくのはとても辛いことだから。

木の合間から射す陽の光

けれど、その悲しみたちはどこかで掬ってもらいたくて、誰かに気づかれたくて、分かってもらいたくて叫んでる。

気づけばプールから出ることができる。

気づけば連鎖を断ち切ることができる。

そして、もっと周囲に愛を注げる。

気づくことも辛いけれど、気づかないことはもっと辛いこと。なぜなら、悲しい出来事を引き起こし続けるから。

だからいま辛くても、本当は見たくない感じたくない気持ちを見つめ、その下にある悲しみへと降りていく。

悲しみに触れた時、涙は流れる。

自分の本当の気持ちに気づけた時に、涙は溢れてくる。

だから、沢山泣こう。

やがて涙は愛へと昇華する。

60分傾聴オンラインセッション

新型コロナウィルスの影響により、これまでにない状況になっています。

仕事や生活の変化がもたらす大小のストレスで、心にモヤモヤやイライラ、寂しさ、不安などを溜めていませんか?

自分の気持ちを閉じ込めていませんか?

期間限定の特別価格でのオンラインセッションを提供することにしました。(2020年9月末まで)

詳細はこちらをご覧ください。

お申し込みはこちら

この記事を書いた人

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

カウンセラー/セラピスト/講師/ファシリテーター
カウンセリング・セラピー・コーチングなどを融合させ、人がいのちの喜びを生きることをサポートしています。
10代の頃から心に興味を持ち学ぶ。「自分のやりたいことが分からない」、「感情が分からない」、「人とのコミュニケーションがうまくできない」、自身も苦しんだこれらの悩みに光をもたらしてくれたのは、心の学びを通じて、自分の心を見つめることでした。
悩み苦しみは、転じていのちの喜びへと通じているのだと思います。そのプロセスの伴走をさせていただいています。
好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。また、自然をこよなく愛する。