たくさん泣き、涙を流しながら、悲しみの連鎖を断ち切っていく

ここのところ、私は泣きっぱなしだ。

仲間の辛い過去を聞いて。

悲惨な事件を知って。

深い愛の旋律を聴いて。

どんな人も、深い深いところで悲しみを抱えている。

元気そうでも、笑顔でも、普通にしてても。

本人に自覚があってもなくても。

安比高原に咲く黄色い花

日常に起こるすれ違いや諍いは、その悲しみが根っこにある。

そして、その悲しみは、この世に、この時代に、生まれ落ちる前から引き継がれてきたもの。

何代も前から、悲しみに悲しみが重なり、引き継がれてきたもの。

誰にも気づいてもらえない悲しみは連鎖する。

いまこの時代、そして目の前で起こっていることは、その悲しみの連鎖が引き起こしたもの。

私たちは、皆んな悲しみのプールにからだを浸けている。

でも、そのことに気づいていない。

気づくのはとても辛いことだから。

木の合間から射す陽の光

けれど、その悲しみたちはどこかで掬ってもらいたくて、誰かに気づかれたくて、分かってもらいたくて叫んでる。

気づけばプールから出ることができる。

気づけば連鎖を断ち切ることができる。

そして、もっと周囲に愛を注げる。

気づくことも辛いけれど、気づかないことはもっと辛いこと。なぜなら、悲しい出来事を引き起こし続けるから。

だからいま辛くても、本当は見たくない感じたくない気持ちを見つめ、その下にある悲しみへと降りていく。

悲しみに触れた時、涙は流れる。

自分の本当の気持ちに気づけた時に、涙は溢れてくる。

だから、沢山泣こう。

やがて涙は愛へと昇華する。

The following two tabs change content below.
花芽 英莉(かが えり)

花芽 英莉(かが えり)

10代の頃より、心のことに興味を持ち学ぶ。様々な心理療法、セラピー、カウンセリングなどを学び、実践。人の内側の豊かさや、本来のその人らしさに触れることに、いつも感動し、心の探求を続けている。現在は教育関連の仕事に従事。日々、沢山の人との対話から、本当に一人として同じ人はいない豊かさを心から楽しむ。自然の中にいるととても心が落ち着き、元気をもらう。人との出会いから新しい世界を知ることが大好き。その他好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。