幸せを感じる習慣

心の学びを始めてしばらく経った頃、「幸せになる」という言葉に違和感を持ちました。

幸せは「なる」ものではなく、「感じる」ものであり、「気づく」ものであることを、頭ではなく、体で分かった瞬間があったのです。

本当は、ふと意識を向ければ、幸せはいつでも感じることができるもの。

そんなある時、駅への道を歩きながら、丁寧に自分の心の声を聞いていたら、

とても気持ちが明るくなって、自分が笑顔になる瞬間があることに気がつきました。

そこは、両サイドにモッサモッサと木があって、緑のアーチのようになっている道。

天気が良い日は、木漏れ陽も射し込みます。

この道は、以前と比べて何か特別な変化があったわけではありません。

ただ、私が自分の気持ちに気づき、感じただけなのです。

駅までの行き方は何通りもあるけれど、このことに気づいてからは、その道を選んで通るようになりました。

たったちょっとのことだけれど、幸せを感じます。

何か考え事をしていたり、悩みごとなどが心の多くを占めてしまう時、忙しい時、気持ちが塞いでしまう時・・・。

そんな時は、忘れがちになってしまうことですが、本当はほんの小さなことで幸せな気持ちになれるのです。

もちろん、そんなことは言っていられない嵐のような日々を送ることもあるでしょう。

それでも、こうして気づき、幸せを感じることで、心に小さな明かりが灯ります。

そのためには、まずちょっと深呼吸。頭の中にある沢山のことをちょっと脇に置いて、自分の心の声に耳を傾けること。そして、感じること。

あなたは、どんなことに気持ちが明るくなり、幸せを感じますか?

この記事を書いた人

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

10代の頃より、心のことに興味を持ち学ぶ。様々な心理療法、セラピー、カウンセリングなどを学び、実践。人の内側の豊かさや、本来のその人らしさに触れることに、いつも感動し、心の探求を続けている。現在は教育関連の仕事に従事。日々、沢山の人との対話から、本当に一人として同じ人はいない豊かさを心から楽しむ。自然の中にいるととても心が落ち着き、元気をもらう。人との出会いから新しい世界を知ることが大好き。その他好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。