iPhone写真アプリ内の「メモリー」が感動的な件

iPhoneのデフォルトで入っている写真アプリを見ていて、ひょんなことから知った機能に予想外に感動してしまいました。

少し前から写真アプリを立ち上げると「ピープル」という項目が増えているのには気づいていました。

調べてみると、iOS10からのようです。

この「ピープル」の中には、カメラロール内にある写真の中に良く写っている人の顔が表示されています。

そのことは知っていたのですが、ピープルをタップした次の画面で、特定の人の顔をタップすると、次の画面で写真右下に「▶」の印が出ていたのです。

これは動画が再生されるということかな?と思って、試しにタップしてみたら、なんとその顔の人が写ったこれまでの写真がピックアップされて、BGMもついて、ムービーとして再生されたのです。

思わず、色んな思い出が懐かしく思い出されたりして、うかつにも感動してしまいました。

その後、ネットで色々と調べてみると、写真アプリのiOSからの新機能「メモリー」のようです。

iPhoneに入った写真を使って、様々なくくりで思い出のムービーが作れる機能だそうです。

写真アプリを立ち上げた後に、下の方に「メモリー」の文字が表示されますが、ここをタップした先で、場所や期間など色んなくくりのムービーが見られます。

自分で指定した条件で作成することもできるようですが、まずは「メモリー」もしくは「ピープル」からこのムービーを見てみると面白いと思います。

友人の結婚式の時のムービーや、旅の思い出ムービーなど、あまりに手軽に思い出ムービーが見れて、びっくりするやら、思い出に浸って感動するやら、忙しいです。笑

電車に乗っている時は、思わずムービーに見入って乗り過ごしてしまうかもしれませんので、お気をつけください。笑

参考ページ:写真でメモリーを楽しむ-Appleサポート

個人セッションのご案内

個人セッションを行っています。

◆こんな方に

  • 自分のやりたいことが分からない
  • 生きづらさを感じる
  • 人とのコミュニケーションにストレスを感じる
  • いつも繰り返してしまう、うまくいかないパターンがある
  • 自分の感情が分からない
  • 自分を知りたい
  • 自分の気持ちを整理したい
  • イライラ・モヤモヤ・違和感を感じることが多い
  • コーチングを受けたことがあるけれど、スッキリしない、うまくいかない

詳細はこちらをご覧ください。

お申し込みはこちら

この記事を書いた人

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

カウンセラー/セラピスト/講師/ファシリテーター
カウンセリング・セラピー・コーチングなどを融合させ、人がいのちの喜びを生きることをサポートしています。
10代の頃から心に興味を持ち学ぶ。「自分のやりたいことが分からない」、「感情が分からない」、「人とのコミュニケーションがうまくできない」、自身も苦しんだこれらの悩みに光をもたらしてくれたのは、心の学びを通じて、自分の心を見つめることでした。
悩み苦しみは、転じていのちの喜びへと通じているのだと思います。そのプロセスの伴走をさせていただいています。
好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。また、自然をこよなく愛する。