読書の習慣をつけたい時は、お風呂で読書するのがおすすめ

スマートフォンに奪われた読書習慣

スマートフォンを持つまでは、電車での移動時間が読書の時間でした。

けれど、スマートフォンを持ち始めたら、色んなことができてしまうので、電車内ではスマートフォンを見ていることが多くなりました。

これはこれで見直したいことではあります。

けれど、読書する習慣も取り戻したいと思っていました。

読書の習慣を取り戻すために、お風呂で読み始めました

電車内でスマートフォンをしまって本を開いたり、朝起きてすぐ読もうとしたり、夜寝る前に読書の時間を持とうとしたり・・・。

色々と試してみました。

けれど、どれも定着はしませんでした。

ある時、誰かがお風呂で読書をしている、と言っていたのを聞いて、それはいいかも!と思い、早速取り入れました。

本をお風呂に持ち込んで、湯船に浸かっている間に読むことにしたのです。

すると、これがばっちりはまりました。

以来、もう何年もお風呂で本を読むことを続けています。

なぜお風呂で本を読むのがおすすめなのか

読書の習慣を取り戻すのに苦戦していたのに、なぜお風呂での読書が続いているのか、そしてなぜオススメなのか、書いてみたいと思います。

  • 湯船に浸かって体を温めている時間が、あっという間に感じる
  • さすがにスマートフォンをお風呂には持ち込まないので、読書に集中できる
  • お風呂は静かな空間なので、これもまた集中できるポイントの一つ
  • 湯船に浸かっている時間は、私の場合は10分程度なので、集中するには短すぎず長すぎない程よい時間
  • お風呂は物が少ない空間なので、他のものに気を取られることもない

集中して読書もできて、知らないうちに体も温まって、一挙両得な習慣なのでやめる理由がないのです。笑

けれど、いくつか気になることもあります。

  • 疲れすぎていると眠ってしまったりして、本を読むどころではない(でも、これはお風呂でなくても同じですね)
  • 本が蒸気で少しふにゃっとする時があるので、大事な本の場合はやめた方がいいかもしれない
  • Kindleなどタブレットで読んでいる場合は、これも防水が気になりますね
  • お風呂にスマートフォンを持ち込んだり、テレビがついている場合は、ちょっと無理かもしれない
  • 子どもとか、誰かと一緒にお風呂に入るときはできないかもしれない
  • シャワー派で、湯船に浸かるのがイヤという場合は、無理かもしれない

この辺りはクリアできそう、という場合には、お風呂で読書するという読書習慣はとてもおすすめです。

60分傾聴オンラインセッション

新型コロナウィルスの影響により、これまでにない状況になっています。

仕事や生活の変化がもたらす大小のストレスで、心にモヤモヤやイライラ、寂しさ、不安などを溜めていませんか?

自分の気持ちを閉じ込めていませんか?

期間限定の特別価格でのオンラインセッションを提供することにしました。(2020年9月末まで)

詳細はこちらをご覧ください。

お申し込みはこちら

この記事を書いた人

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

カウンセラー/セラピスト/講師/ファシリテーター
カウンセリング・セラピー・コーチングなどを融合させ、人がいのちの喜びを生きることをサポートしています。
10代の頃から心に興味を持ち学ぶ。「自分のやりたいことが分からない」、「感情が分からない」、「人とのコミュニケーションがうまくできない」、自身も苦しんだこれらの悩みに光をもたらしてくれたのは、心の学びを通じて、自分の心を見つめることでした。
悩み苦しみは、転じていのちの喜びへと通じているのだと思います。そのプロセスの伴走をさせていただいています。
好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。また、自然をこよなく愛する。