坂道や階段は、身体の調子を教えてくれるバロメーターになる

山歩きは健康管理が大切

山歩きを続けているうちに分かったことがあります。

山歩きは、やはり歩き続けるのですから、健康管理が大切です。

当日までの間の体調も気にしますし、当日の朝目が覚めてからも、自分の身体と対話しながら、体調を確認します。

すごく体調がいいな!という時もありますし、なんか寝不足な気がするなぁ、すっきりしないなぁ、という時もあります。

すこぶるいい!という時と、これは不調だな、という時は分かりやすくていいのですが、この真ん中ぐらいの時が分かりにくいです。

なので、少し迷うわけです。

迷う時は、自分にとってチャレンジだなと思う場所には、行かないという決断を潔くします。

けれど、ちょこっと気軽に行ける場所の場合は、どうしようかな、と迷うわけです。

登り始めると分かる自分の状態

そして、この真ん中ぐらいの時は、登り始めた時に、はっきりと分かるのです。

坂道は、やはり平坦な道に比べて負荷がかかります。

なので、登り始めた時に、身体が重く感じたり、息が切れやすかったり、足が前に出なかったりすると、あっ、体調があまり良くないなと思うのです。

当日までの生活の中で、特別身体に悪いことをした覚えがなくても、本当のところが分かるのです。

実は寝不足という時や、疲れがたまっている時、気づかないうちに少し風邪気味になっている時など、バロメーターになります。

気分的には体調が良いと思っていても、実は身体はしんどい。

あるいは、すごく疲れているような気がするけれど、身体はそうでもなくて元気。

そんなことも分かるので、なかなか面白いなぁと思います。

そして、歩いているうちに、色々と思い出していきます。

忘れていたけれど実は寝不足が続いていた、とか、疲れている気がしてたけど実は精神的なもので、案外休息は取れていたな、とか、それまでの生活が思い起こされてくるのです。

日常の中でも坂道や階段が教えてくれる

山まで行かなくても、街中の坂道や階段もいいバロメーターになります。

登り始めてすぐ分かる時もありますし、少し経ってから分かる時もあります。

先日の山歩きも、朝目が覚めた時は、あまりよく眠れなかったな・・と少し不安を持ちながら向かいました。

登り始めて、あまりにも身体が重く感じたら帰ろうと思っていたのですが、いざ歩き始めてみると重さは感じませんでした。

そうか、あまりよく眠れなかったと感じていたけれど、案外疲れは取れていたんだな、とちょっと驚きでした。

身体の状態は、やはり動かしてみて分かる部分が多いな、と思ったのでした。

60分傾聴オンラインセッション

新型コロナウィルスの影響により、これまでにない状況になっています。

仕事や生活の変化がもたらす大小のストレスで、心にモヤモヤやイライラ、寂しさ、不安などを溜めていませんか?

自分の気持ちを閉じ込めていませんか?

期間限定の特別価格でのオンラインセッションを提供することにしました。(2020年9月末まで)

詳細はこちらをご覧ください。

お申し込みはこちら

この記事を書いた人

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

カウンセラー/セラピスト/講師/ファシリテーター
カウンセリング・セラピー・コーチングなどを融合させ、人がいのちの喜びを生きることをサポートしています。
10代の頃から心に興味を持ち学ぶ。「自分のやりたいことが分からない」、「感情が分からない」、「人とのコミュニケーションがうまくできない」、自身も苦しんだこれらの悩みに光をもたらしてくれたのは、心の学びを通じて、自分の心を見つめることでした。
悩み苦しみは、転じていのちの喜びへと通じているのだと思います。そのプロセスの伴走をさせていただいています。
好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。また、自然をこよなく愛する。