心の痛みが解放されるとともに、身体の痛みも薄れていく

心の学びの中で、自分では気づいていなかった心の痛みに気づいていきます。

まさかそんなに苦しかったなんて、そんなに辛かったなんて・・・。

だいぶ昔に心の奥にしまい込んだ傷は、どれだけの痛みだったかなんて忘れてる。

でも、それは必要があって忘れることにした、あるいは感じないようにした痛み。

だから、行き当たった時に驚きと共に、その痛みの大きさを体験し、気づく。

気づくとともに、少しずつ解放されていく。

そして、不思議と身体の痛みが薄れていくことにも気づく。

首と肩にずっとあった痛み。

ひどい時は、夜眠れないほどだった痛み。

あれほど痛かったのに、楽になっている。

心と身体はつながり、心の緊張は、身体の緊張へとつながる。

だから、心のゆるみや解放が、身体にも影響している。

自分の体を通して、そんなことを感じます。

The following two tabs change content below.
花芽 英莉(かが えり)

花芽 英莉(かが えり)

10代の頃より、心のことに興味を持ち学ぶ。様々な心理療法、セラピー、カウンセリングなどを学び、実践。人の内側の豊かさや、本来のその人らしさに触れることに、いつも感動し、心の探求を続けている。現在は教育関連の仕事に従事。日々、沢山の人との対話から、本当に一人として同じ人はいない豊かさを心から楽しむ。自然の中にいるととても心が落ち着き、元気をもらう。人との出会いから新しい世界を知ることが大好き。その他好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。