滑り台で童心に戻り、不思議な感覚を味わう

甥っ子、姪っ子と一緒に近所の大きめの公園に遊びに行きました。

大きめの公園ですので、滑り台も全長が長かったり、幅が大きいものがあります。

とても楽しそうに遊ぶ子どもたちに混ざって、きゃーー!と叫びながら一緒に何度か滑り台を滑りました。

ただただ、スピード感や、滑り降りていく時の感覚を楽しみます。

この、ただ感覚を楽しむことが、童心に返らせてくれます。

そして、何度も無心に滑り台を滑る子どもたち。

そんな子供たちを眺めながら、子どもの頃は、こうしてただ感覚を楽しんでいたんだなぁ、とちょっと大人の目線でも見てみたり。

そして、面白かったのが、長い滑り台を滑った時に感じた感覚です。

とても長い滑り台なので、滑っているとスピードがぐんぐん出てきます。

一瞬、怖い!と思ったりもします。

そう思ったのが先か後か分かりませんが、胃やお腹の辺りが、ぞわぞわぞわーっとするのです。

ちょっと怖い感覚と、でも楽しい感覚が入り混じる、とても不思議な感覚です。

なかなか日常で感じない感覚なので、なんだか面白いのです。

あとから、振り返ってみると、スリルを楽しむ感覚ということなのかなぁ、と思ったりもします。

身体は少し不快なのに、でも楽しい。

子どもの遊びには、そんなものが沢山あるのかもしれません。

童心に戻ったと同時に、色んな感覚と感情を味わえた面白い時間となりました。

個人セッションのご案内

個人セッションを行っています。

◆こんな方に

  • 自分のやりたいことが分からない
  • 生きづらさを感じる
  • 人とのコミュニケーションにストレスを感じる
  • いつも繰り返してしまう、うまくいかないパターンがある
  • 自分の感情が分からない
  • 自分を知りたい
  • 自分の気持ちを整理したい
  • イライラ・モヤモヤ・違和感を感じることが多い
  • コーチングを受けたことがあるけれど、スッキリしない、うまくいかない

詳細はこちらをご覧ください。

お申し込みはこちら

この記事を書いた人

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

カウンセラー/セラピスト/講師/ファシリテーター
カウンセリング・セラピー・コーチングなどを融合させ、人がいのちの喜びを生きることをサポートしています。
10代の頃から心に興味を持ち学ぶ。「自分のやりたいことが分からない」、「感情が分からない」、「人とのコミュニケーションがうまくできない」、自身も苦しんだこれらの悩みに光をもたらしてくれたのは、心の学びを通じて、自分の心を見つめることでした。
悩み苦しみは、転じていのちの喜びへと通じているのだと思います。そのプロセスの伴走をさせていただいています。
好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。また、自然をこよなく愛する。