ブログが書けない時

何を書こうか、浮かんでこない時というのがあります。

最近、そういった日が続いています。

ちょっと原因を考えてみました。

まず一つは、忙しいことが手伝って、心にスペースがないということがあります。

書きたいものは、ぽこっと浮かんでくる時がありますが、それは自分がリラックスして、ふぅっと身体の力が抜けている時です。

忙しいと、やることで頭がいっぱいになっていて、そういった瞬間がおとずれないままに、疲れて寝る、といった繰り返しになります。

次に、日々の活動の中に新しい要素が無い時です。

新しい要素がないと、脳が活性化せず、実は日常の中にある何気ないことへのセンサーも少し感度が鈍ります。

すると、もしかしたら書く対象となるようなことも、気づかないうちに目の前をすーっと流れていってしまうのです。

これは1番目のスペースがないことも、もちろん一緒に起こっていると思われます。

3つ目は、体験していることがなかなか言葉にしづらい時です。

なんと言ったらいいのだろう。そして、どういう形で伝えたらいいのだろう。

そんな風に思っていて、すぐには記事としてアウトプットしにくいのです。

まだまだ、原因はあるかもしれませんが、いま思いつくのは上記の3つ。

そして、気づけば、今、その3つが全て重なっています。笑

これは、どこかに変化をつけていく時かな。

いま、そんな風に思っています。

60分傾聴オンラインセッション

新型コロナウィルスの影響により、これまでにない状況になっています。

仕事や生活の変化がもたらす大小のストレスで、心にモヤモヤやイライラ、寂しさ、不安などを溜めていませんか?

自分の気持ちを閉じ込めていませんか?

期間限定の特別価格でのオンラインセッションを提供することにしました。(2020年9月末まで)

詳細はこちらをご覧ください。

お申し込みはこちら

この記事を書いた人

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

カウンセラー/セラピスト/講師/ファシリテーター
カウンセリング・セラピー・コーチングなどを融合させ、人がいのちの喜びを生きることをサポートしています。
10代の頃から心に興味を持ち学ぶ。「自分のやりたいことが分からない」、「感情が分からない」、「人とのコミュニケーションがうまくできない」、自身も苦しんだこれらの悩みに光をもたらしてくれたのは、心の学びを通じて、自分の心を見つめることでした。
悩み苦しみは、転じていのちの喜びへと通じているのだと思います。そのプロセスの伴走をさせていただいています。
好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。また、自然をこよなく愛する。