紫陽花が梅雨の終わりを告げています

関東は、もう梅雨は終わってしまったんじゃないか、という陽気ですね。

そんな中、歩いていると、なんとも渋い紫陽花に呼び止められました。

この花びらの感じ、何とも言えない色合いで、セクシーというか、渋いというか。

梅雨の終わりのがく紫陽花

枯れゆく紫陽花の色香、色気のようなものを感じます。

すごく味があるなぁ、と思います。

梅雨の終わりの枯れゆく紫陽花

梅雨の終わりの青い紫陽花

まだまだ花盛りの紫陽花もあるすぐそばで、こんな大人な紫陽花もあるわけです。

桜のように一瞬で咲いて、短期間で散っていくような花ではなく、しばらくの間咲き続けてくれる紫陽花。

そんな紫陽花だからこそ、刻々と姿を変え、楽しませてくれます。

もう、梅雨は終わりかな、そんなことを告げてくれているように感じました。

The following two tabs change content below.
花芽 英莉(かが えり)

花芽 英莉(かが えり)

10代の頃より、心のことに興味を持ち学ぶ。様々な心理療法、セラピー、カウンセリングなどを学び、実践。人の内側の豊かさや、本来のその人らしさに触れることに、いつも感動し、心の探求を続けている。現在は教育関連の仕事に従事。日々、沢山の人との対話から、本当に一人として同じ人はいない豊かさを心から楽しむ。自然の中にいるととても心が落ち着き、元気をもらう。人との出会いから新しい世界を知ることが大好き。その他好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。