心を見つめていくことは、水の中のコイン拾いのよう

心は見つめていくほどに、触れていくほどに敏感になっていく。

そこから湧き出る感情や感覚を辿っていくことは、水の中のコイン拾いのよう。

ゆらゆらと揺れる水面からは、コインの存在がよく分からない。

目を凝らして見てみても、その姿がくっきりとは見えない。

ざぶんと水の中に潜り、コインへ近づく。

コインに見えたものが、ゴツゴツしたものだったり、イガイガとげとげしたものだったりする。

時には怖く、恐ろしいものにも思える。

けれど、思い切って、えいって手を伸ばして、その手に掴む。

ゆっくりと浮上し、水の中から出てくる。

そして、ゆっくりと握った手を開いたとき、その手にしていたコインがいつの間にか裏返っていて、実はきらきらと光る大切なものであることに気づく。

心の中に沈んでいるものは、必要があって、沈めてきたもの。

イガイガ、とげとげ、苦しいもの、怖いもの・・・。

けれど、それと一緒に、その時感じた大切なことも同じ場所に置いてきてしまっている。
どっちかだけ、なんて器用なことは心はできないみたい。

コインの裏表のように、セットになってる。

拾ったものの裏側は、拾ったものしか、拾った人しか分からない。

60分傾聴オンラインセッション

新型コロナウィルスの影響により、これまでにない状況になっています。

仕事や生活の変化がもたらす大小のストレスで、心にモヤモヤやイライラ、寂しさ、不安などを溜めていませんか?

自分の気持ちを閉じ込めていませんか?

期間限定の特別価格でのオンラインセッションを提供することにしました。(2020年9月末まで)

詳細はこちらをご覧ください。

お申し込みはこちら

この記事を書いた人

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

カウンセラー/セラピスト/講師/ファシリテーター
カウンセリング・セラピー・コーチングなどを融合させ、人がいのちの喜びを生きることをサポートしています。
10代の頃から心に興味を持ち学ぶ。「自分のやりたいことが分からない」、「感情が分からない」、「人とのコミュニケーションがうまくできない」、自身も苦しんだこれらの悩みに光をもたらしてくれたのは、心の学びを通じて、自分の心を見つめることでした。
悩み苦しみは、転じていのちの喜びへと通じているのだと思います。そのプロセスの伴走をさせていただいています。
好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。また、自然をこよなく愛する。