2023年39週目を振り返る:カウンセリングを受けて自分メンテナンスをする

横浜の夜景

自分メンテナンスから
始まった1週間。

カウンセリングを受けて、
自分に起こっていることへの
気づきが深まり、
視点、視座が変わっていく。

カウンセリング、セラピーは
改めて重度の苦しみを持つ人だけでなく
よりよく生きたい人や
思いを実現したい人
健全な自分でいたい人など
多くの人にとって有効だと感じる。

痛みや苦しみを伴うことも
もちろんあるけれど、

新しい目で
この世界を見られるようになり、
新しい自分とも出会える
楽しさと喜びもある。

組織開発関連の打合せもあり、
11月に行う対話型ワークショップの
内容を詰めるべく話し合う。

チームメンバーの
皆んなにも刺激されつつ、
ワークショップ設計の
楽しさも感じる。

会社員の仕事の方では、
対面開催のイベントや
懇親会などの
対面で人が集まる機会が
珍しく週2回続いた。

感染症の影響が広がる前は、
日常だったことが
非日常感があって

貴重な機会になっていることの
不思議を改めて感じる。

色々と調べ物が続いていて、
カフェでパソコン作業をする日が
多い1週間だった。
集中できるんだよなぁ。

ランニング、筋トレ、HIITなど
コンスタントにできて、
いい調子。

風が生まれるトークセッションのご案内

2024/7/11(木)20:00〜風が生まれるトークセッション第8回@オンラインを開催します。

◆第8回ゲストは、きむらまさおさん。

◆こんな方に

  • まさおちゃんの話が聞きたい方
  • まさおちゃんをもっと知りたい方
  • 生きることを見つめたい方
  • 自分の人生の問いを考えたい方
  • 人生の奥深さを感じたい方
  • 生きるヒントを得たい方
  • いのちの声を聞きたい方
  • 自分を深く見つめたい方
  • 理由はないけれど、ピンと来た方
  • 私やまさおちゃんとお話ししたい方

詳細はこちらをご覧ください。

お申し込みはこちら

この記事を書いた人

アバター画像

わたなべ えり

カウンセラー/セラピスト/講師/ファシリテーター
カウンセリング・セラピー・コーチングなどを融合させ、人がいのちの喜びを生きることをサポートしています。
10代の頃から心に興味を持ち学ぶ。「自分のやりたいことが分からない」、「感情が分からない」、「人とのコミュニケーションがうまくできない」、自身も苦しんだこれらの悩みに光をもたらしてくれたのは、心の学びを通じて、自分の心を見つめることでした。
悩み苦しみは、転じていのちの喜びへと通じているのだと思います。そのプロセスの伴走をさせていただいています。
好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。また、自然をこよなく愛する。