悩みは、新しい世界への扉

バロッサバレーの建物の扉

ブログを書き始めて2ヶ月半が経ちます。

最近、ブログに何を書こうかと悩みます。

これまでも何度かこの悩みが訪れていました。

けれど、悩むと、その度に色々と情報を集めたり、自分の頭の中を覗き込んでみたりと、これまでしなかったことをし始めます。

脳みそが、これまで書かなかった新しいジャンルを開拓しようとし始めるのです。

そもそも何をこのブログで書きたかったのか、と自分を振り返ったりもします。

そして、土壇場で、あっ!これを書いたらどうだろうか?とアイディアが降ってきて、新しい扉が開いていく感覚があります。

今回はブログに何を書くか?という悩みについてですが、これは人生も同じだと思うのです。

大小はあれど、悩みは新しい世界への扉だな、と、自分の人生を振り返っても改めて思います。

その時は、できれば早く解決したいし、抜け出したいし、望む状態に早くなりたい。

出口のないトンネルにいるかのようで、苦しくて、もうずっとこのままなんじゃないかと希望を失いそうにすらなる。

けれど、振り返ってみれば、その悩みがあったからこそ考え、動き、気づきや発見、新しい出会いにつながり、人生が新しいステージに入っていく。

悩みに感謝すら覚えます。

進化への入口。

新しい世界からのノック。

そして、想像すらしなかった自分に出会うための扉に手が触れたサイン。

だから、歩みを止めず、歩を進めたい。

そう思うのです。

60分傾聴オンラインセッション

新型コロナウィルスの影響により、これまでにない状況になっています。

仕事や生活の変化がもたらす大小のストレスで、心にモヤモヤやイライラ、寂しさ、不安などを溜めていませんか?

自分の気持ちを閉じ込めていませんか?

期間限定の特別価格でのオンラインセッションを提供することにしました。(2020年9月末まで)

詳細はこちらをご覧ください。

お申し込みはこちら

この記事を書いた人

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

カウンセラー/セラピスト/講師/ファシリテーター
カウンセリング・セラピー・コーチングなどを融合させ、人がいのちの喜びを生きることをサポートしています。
10代の頃から心に興味を持ち学ぶ。「自分のやりたいことが分からない」、「感情が分からない」、「人とのコミュニケーションがうまくできない」、自身も苦しんだこれらの悩みに光をもたらしてくれたのは、心の学びを通じて、自分の心を見つめることでした。
悩み苦しみは、転じていのちの喜びへと通じているのだと思います。そのプロセスの伴走をさせていただいています。
好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。また、自然をこよなく愛する。