心の真ん中に居続ける映画

沢山の映画を見てきましたが、その中でも心の真ん中に居続ける映画があります。

“歓びを歌にのせて”という映画です。

ご存知でしょうか?

あらすじは、下記の通り。

「音楽で人の心を開きたい」という夢を抱く人気指揮者ダニエル・ダレウスは、公演直後に心筋梗塞を起こし舞台で倒れ、一命は取り留めたが、それを機会に第一線から退いてしまう。病を押して彼が隠遁の地に選んだのは7歳のときに後にした故郷ノールランドの小村。酷い虐めにあった苦い思い出の地だ。転居して早々、ダニエルはスポーツ店主アーンから教会の聖歌隊への助言を求められる。聖歌隊に関わる村人たちはそれぞれ不満や悩みを抱えていた。夫の暴力に苦しむ歌の上手いガブリエラ、太っていると馬鹿にされるホルムフリッド、障害のせいで歌わせてもらえないトーレ…。初めは指導をためらっていたダニエルだったが、音楽の力を信じ、「声を感じあう」という独自の指導を始める。次第に音楽の歓びに浸っていく村人たちであったが、教会のスティッグ牧師は変化を嫌って干渉し始める。村でのコンサートが成功し、アーンが申し込んだインスブルックのコンクールから招待状が届く…。

出典:歓びを歌にのせて 『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』より

主人公ダニエルの指導が始まってから、メンバー1人1人に変化が起きていきます。それぞれが自分の気持ちに向き合い、恐れや不安、恐怖の奥底にある、本当の気持ちや歓び、愛へと気づいていくのです。

そして、中でもハイライトと言える、ガブリエルが歌うシーンが、魂を揺さぶります。

ガブリエルが歌う歌詞にも出てくるメッセージですが、「自分の人生を生ききったと言える、そんな人生にしたい」と強く思わせてくれます。そう、私を生きられるのは私しかいない、のです。この映画のサントラCDを持っていますが、歌を聞くたびに、心が震え、この思いを思い出させてくれます。

本当にパワフルな映画で、細胞1つ1つが沸き立ち、エネルギーが増して、心と体が喜ぶのを感じます。

見た回数は数える程度ですが、それでも忘れることのない、心の真ん中に居続ける映画です。(書いていたら見たくなってきました。)

あなたにとってのそんな映画はありますか?

この記事を書いた人

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

10代の頃より、心のことに興味を持ち学ぶ。様々な心理療法、セラピー、カウンセリングなどを学び、実践。人の内側の豊かさや、本来のその人らしさに触れることに、いつも感動し、心の探求を続けている。現在は教育関連の仕事に従事。日々、沢山の人との対話から、本当に一人として同じ人はいない豊かさを心から楽しむ。自然の中にいるととても心が落ち着き、元気をもらう。人との出会いから新しい世界を知ることが大好き。その他好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。