自分というブラック企業に苦しめられていませんか

人影

身近にいるブラック企業並の存在

あれもしろ

これもしろ

こんなこともできないのか

ライバルはあんなに成果を出しているのに

睡眠を削れ

甘えるな

まだまだ足りない

こんなんじゃダメだ

もっと稼げ

もっと働け

もっと努力しろ

世の中のブラック企業の存在を耳にすることはあるけれど、

もっと身近にブラック企業並の存在を抱えている人も少なくない。

そう、自分自身だ。

前提となる世界

自分にとことん厳しく、辛く当たり、こき使う。

その根底には、自分はダメ、価値がない、放っておくと怠ける、このままだとダメになる、という前提があったりする。

もちろん、自分を甘やかしてばかりでは良くないけれど、

本当にダメなのか?価値がないのか?いつでも怠けるのか?良くなっていることだってあるんじゃないか?と疑ってみる必要がある。

自分の中に存在する、ブラック企業な自分は、ダメなところばかりをクローズアップする。

けれど、よくよく事実を偏見なく見つめてみると、良いところだって沢山ある。

そして、もっと科学的、理性的、知性的なアプローチで、

自分をうまく動かすことはできる。

根性論で、自分を責め、叩き、鞭打つようなやり方ではなく、

自分を理解し、人間の習性を理解し、過去に起きた出来事から学習した自分を癒しながら。

どんな存在も理由があって生まれていることを理解し、新しいやり方を取り入れる

ブラック企業な自分が必要があって生まれ、

その存在が必然であった過去すらも理解し抱きしめていくことも、

その理解の中には含まれる。

どんな存在も理由があって生まれている。

だから排除しようとしてはいけない。

なぜそんなに自分に厳しくしてしまうのか、

何がそうさせるのか、どうやってそのやり方を学んだのか。

そして理解と同時に、新しいやり方を少しずつ覚えていく必要がある。

どうしたら自分が気持ちよく動けるのか、楽しく続けられるのか、

喜んで主体的積極的に物事に向かうのか。

ブラック企業の自分を、もっと健全な状態に育て成長させ、

その元で動くもう一人の自分を育てていく。

ブラック企業の自分で、自分を動かしていくのも悪ではないけれど、

結局そこには犠牲が生まれ、身を削るという不健全さがあり、

どんどん疲弊するし、長い目で見た時には持続性がないし、時に命の危険すらある。

要するに不健全で不自然なのだ。

自然を見渡してみたら一目瞭然だ。

自分の中にブラック企業を抱える動植物がいるだろうか。

60分傾聴オンラインセッション

新型コロナウィルスの影響により、これまでにない状況になっています。

仕事や生活の変化がもたらす大小のストレスで、心にモヤモヤやイライラ、寂しさ、不安などを溜めていませんか?

自分の気持ちを閉じ込めていませんか?

期間限定の特別価格でのオンラインセッションを提供することにしました。(2020年9月末まで)

詳細はこちらをご覧ください。

お申し込みはこちら

この記事を書いた人

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

カウンセラー/セラピスト/講師/ファシリテーター
カウンセリング・セラピー・コーチングなどを融合させ、人がいのちの喜びを生きることをサポートしています。
10代の頃から心に興味を持ち学ぶ。「自分のやりたいことが分からない」、「感情が分からない」、「人とのコミュニケーションがうまくできない」、自身も苦しんだこれらの悩みに光をもたらしてくれたのは、心の学びを通じて、自分の心を見つめることでした。
悩み苦しみは、転じていのちの喜びへと通じているのだと思います。そのプロセスの伴走をさせていただいています。
好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。また、自然をこよなく愛する。