手足の冷えは、交感神経の働き?

マッサージに久しぶりに行きました。

マッサージで、すごく気持ち良かった!と感じたことが少ないことや、自分に合ったところを見つけられていないこともあり、あまりマッサージには行かないのですが、ここ最近凝りを感じることが多くなってきたので、試しにマッサージに行ってみました。

そこで指摘された手足の冷え。

手足が冷えていることは自覚があったのですが、冷え性なのかな、と冷え性対策としてできることがないか探しているところでした。

けれど、そのマッサージ師の方によると、手足の冷えは交感神経が優位だと起こるとのこと。

緊張しやすいですか?とたずねられました。

すごく緊張するわけではないですが、仕事をしていると、色んなところに考えを巡らしているので、緊張していないといえば嘘になります。

身体に力が入りやすい癖もある気がしているので、交感神経が優位になっていることって多いのかな、と思い返していました。

そして、副交感神経を優位にするためには、腹式呼吸が良いとのこと。

時折通っているボーカルトレーニングの先生にも、朝起きて腹式呼吸をするといいとアドバイスされていましたが、全く同じアドバイスをされました。

身体に良いことをすると、声にも良いんだな、となんだか一石二鳥で嬉しくなりました。

まずはできるところから、ということで、深呼吸や腹式呼吸をしていきたいと思います。

これで、手足の冷えに変化が出たらいいなと思います。

60分傾聴オンラインセッション

新型コロナウィルスの影響により、これまでにない状況になっています。

仕事や生活の変化がもたらす大小のストレスで、心にモヤモヤやイライラ、寂しさ、不安などを溜めていませんか?

自分の気持ちを閉じ込めていませんか?

期間限定の特別価格でのオンラインセッションを提供することにしました。(2020年9月末まで)

詳細はこちらをご覧ください。

お申し込みはこちら

この記事を書いた人

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

カウンセラー/セラピスト/講師/ファシリテーター
カウンセリング・セラピー・コーチングなどを融合させ、人がいのちの喜びを生きることをサポートしています。
10代の頃から心に興味を持ち学ぶ。「自分のやりたいことが分からない」、「感情が分からない」、「人とのコミュニケーションがうまくできない」、自身も苦しんだこれらの悩みに光をもたらしてくれたのは、心の学びを通じて、自分の心を見つめることでした。
悩み苦しみは、転じていのちの喜びへと通じているのだと思います。そのプロセスの伴走をさせていただいています。
好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。また、自然をこよなく愛する。