手放すほどに、人はその人らしくなる

夢とビジョンを語り、前進していく人の姿をたくさん見た日でした。

夢とビジョンを持って、そこへ進んでいく時、それは変化が起きていく時。

変化を起こすということは、新しいことをスタートさせ、不要となったものを手放していくこと。

語られる夢やビジョンは、とても魅力的で、思わず聞き入ってしまう。

けれど、その語られる新しいことの方でなく、手放すと決めた不要なもの・ことを見つめていくと、その人らしさが浮き彫りになる。

人は何かを選ぶとき、何かを手放している。

そして、何かを手放すとき、何かを選んでいる。

どんなことも、コインの裏表みたいでつながっている。

手放すと決めたものを聞いていると、あぁ、本当に大切なものを選んでいくんだな、と思う。

そして、その人らしさを見ることができる。

人は、手放すほどにその人らしくなっていくのだと思う。

私も、少しずつでも手放していきたいと強く感じた日でした。

60分傾聴オンラインセッション

新型コロナウィルスの影響により、これまでにない状況になっています。

仕事や生活の変化がもたらす大小のストレスで、心にモヤモヤやイライラ、寂しさ、不安などを溜めていませんか?

自分の気持ちを閉じ込めていませんか?

期間限定の特別価格でのオンラインセッションを提供することにしました。(2020年9月末まで)

詳細はこちらをご覧ください。

お申し込みはこちら

この記事を書いた人

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

カウンセラー/セラピスト/講師/ファシリテーター
カウンセリング・セラピー・コーチングなどを融合させ、人がいのちの喜びを生きることをサポートしています。
10代の頃から心に興味を持ち学ぶ。「自分のやりたいことが分からない」、「感情が分からない」、「人とのコミュニケーションがうまくできない」、自身も苦しんだこれらの悩みに光をもたらしてくれたのは、心の学びを通じて、自分の心を見つめることでした。
悩み苦しみは、転じていのちの喜びへと通じているのだと思います。そのプロセスの伴走をさせていただいています。
好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。また、自然をこよなく愛する。