選択の基準

心の学びを続ける中で、自分の変化に気づいています。

自分の選択の基準にも、その変化が現れていることにふと気づきました。

学びになる方、チャレンジングな方、難しい方を選んでいる自分がいます。

もちろん、すべてのことにおいてではありません。

自分が興味があること、前向きなこと、意欲のあることに対してです。

もちろん、逃げたり、弱腰な選択になることもあります。

けれど、その場合は、割と早く気づくことができます。

そして、次からは、もっとチャレンジしていこう、と思い直すのです。

小さな変化。

されど、大きな一歩。

そんな自分に気づき、自分で認めることで、更に一歩前へ進むことができる。

少しチャレンジしたくなっている時、それはそのことに対して意欲的で前向きな自分がいるということなのかもしれない。

この記事を書いた人

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

カウンセラー/セラピスト/講師/ファシリテーター
カウンセリング・セラピー・コーチングなどを融合させ、人がいのちの喜びを生きることをサポートしています。
10代の頃から心に興味を持ち学ぶ。「自分のやりたいことが分からない」、「感情が分からない」、「人とのコミュニケーションがうまくできない」、自身も苦しんだこれらの悩みに光をもたらしてくれたのは、心の学びを通じて、自分の心を見つめることでした。
悩み苦しみは、転じていのちの喜びへと通じているのだと思います。そのプロセスの伴走をさせていただいています。
好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。また、自然をこよなく愛する。