自分の知る自分が、本当の自分ではないかもしれない

自分の知る自分。

性格、色んな場面での態度、発言、あり方。

それが自分と思ってる。

でも、それが本当の自分ではないかもしれない。

自分の内側深くを見つめ、時に癒し、時に痛い思いをしながら向き合い、古い自分を捨てていく。

その先には、本来の自分が待っている。

それは、いまの自分が知っている自分ではないかもしれない。

今の自分にできないことが、その自分ならできるかもしれない。

だから、いまの自分が全てだと思わない方がいい。

この記事を書いた人

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

カウンセラー/セラピスト/講師/ファシリテーター
カウンセリング・セラピー・コーチングなどを融合させ、人がいのちの喜びを生きることをサポートしています。
10代の頃から心に興味を持ち学ぶ。「自分のやりたいことが分からない」、「感情が分からない」、「人とのコミュニケーションがうまくできない」、自身も苦しんだこれらの悩みに光をもたらしてくれたのは、心の学びを通じて、自分の心を見つめることでした。
悩み苦しみは、転じていのちの喜びへと通じているのだと思います。そのプロセスの伴走をさせていただいています。
好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。また、自然をこよなく愛する。