竹内レッスンに興味を持った理由:「私」が生まれ出る光を感じた

竹内敏晴氏の『ことばが劈(ひら)かれるとき』を読んでいる。

読みながら、自分が、なぜ竹内レッスンに興味を持っているのか、その理由にふと気づいた。

小中高生の私は、物怖じせずに自分の意見を言う子だった。学校でも発言する方だった。

けれど、いまの私は、自分が発するべき言葉が見つからずに口を閉じていることが多い。

理由はよく分からない。

もちろん、ある程度普通に日常生活は送っているので、客観的に見てというより、自分の主観的な感覚だ。

思い起こせば、感情モニタリング法(河野心理学研究所所長の河野良和氏により提唱された心理療法の理論と具体的な技法)を始めて4〜5年目くらいだったと思う。

自分の感覚、感情を感じていくことが自然になり、自分が何を感じているかに意識を向けることが自然になっていた。

たとえば、対人関係の中では、相手を責める言葉が頭に浮かんでくるような場面でも、相手に向いている意識を自分へ向けることを覚えていった。

一人で居る時も、何をしていても、していなくても、様々な場面において、それまで見過ごしていた、自分の中に起こる微細な感覚も感じられるようになっていった。

それと同時に、借り物の言葉でなく、自分の言葉で自分の内側に起こっていることを表現することを次第に身につけていった。

簡単に言ってしまえば、自分の気持ち・感覚・意思など内側に起こっていることの言語化である。

誰でも自然に身につけているように思えるこの作業は、実はかなり疎かにされていると感じる。

私自身もそれまでの人生でどこまでやれていただろうかと振り返ってみても思う。

実際に、学校などで習った覚えはないし、物語や詩を好んで書いていた時に、言葉を見つける作業に苦しみを覚えて、中断したり脇に置いていた自分を思い出しても、そう感じる。

内側の深部を感じながら、空中や空の方面にある言葉を捕まえていくことは、時に果てない作業に感じられた。

しかし、それまで自分の言葉で話していなかったのかというと、それも正確ではない。

もちろん、ある程度の割合では、自分の言葉で話していた。けれど、その確度が高まり、密度と深度が増していった。

確度が高まり、密度と深度が増すほどに、今度は口が重くなっていったように思う。

その時は分からなかったが、今思えば、自分の深部を感じ、自分の言葉で話すということは、自分の真実に触れることであり、どんどんその真実が露わになっていくことだからなのだと思う。

次第に露わになっていく真実への気づきに身を委ねると同時に、真実を表現すること、そして表現するために自分を変化させ成長していくことを内側から迫られる。

けれど、そのすべてを実行したからといって、周りに受け入れられる保証はない。

怖いことでもある。

葛藤であり、せめぎ合い。

そんな中に私は居たのであり、今も居るのだと思う。

からだもことばも、実に正直だとも言える。

いま、そんな貝のようになってしまっている自分のことばを劈き、からだを劈いていきたいのだ。

竹内氏の著書タイトルに使われている「劈く(ひらく)」という言葉は、つんざく、つきやぶる、さくといった意味だ。

かなり激しい印象の言葉だが、ことばを話し、自分を表現するということは、それくらい切実で哀しいまでの内側からの大きな圧力とともに生まれ出てくるものなのではないか、と思う。

私の中にも、そんな切実な思いがあったことに気づいた。

竹内レッスンを含め、多くのことに対して興味、好奇心で行動している自分を感じることはできるが、その内奥には、いつも悲鳴すら発している切実な思いがあったのだ。

あぁ、私は私が生まれ出るために、光を求めていたのだ。

その光を竹内レッスンに感じたのだ。

これから体験する機会を増やし、そこで何を感じるのかが楽しみだ。

The following two tabs change content below.
花芽 英莉(かが えり)

花芽 英莉(かが えり)

10代の頃より、心のことに興味を持ち学ぶ。様々な心理療法、セラピー、カウンセリングなどを学び、実践。人の内側の豊かさや、本来のその人らしさに触れることに、いつも感動し、心の探求を続けている。現在は教育関連の仕事に従事。日々、沢山の人との対話から、本当に一人として同じ人はいない豊かさを心から楽しむ。自然の中にいるととても心が落ち着き、元気をもらう。人との出会いから新しい世界を知ることが大好き。その他好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。