自分と向き合うことは、自分のためだけじゃない:セラピー、カウンセリングの場で

セラピー、カウンセリングの場でお話を聞かせていただく。

とてつもなく自分の無力さを感じることがある。

私に一体何ができるのか。と。

しばらくの間、無力感に打ちひしがれる。

・・・

・・・

・・・

けれど、打ちひしがれてる場合じゃない。

静かに決意する。

もっともっと自分と向き合おうと。

自分と向き合って進んだだけ、きっと誰かの力になれる。

そう思った時、自分と向き合う意味が変わった。

自分と向き合うのは、自分のためだけじゃない。

私の前に座り、話をしてくださる方のためでもある。

心の世界は、自分が行ったところまでしか誰かを連れて行けない。

水先案内人。

私の先生に教えていただいたことでもある。

どこまで行けるんだろうか、私は。

夜道で空を仰ぎ見ながら、空に問う。

答えが返ってくることはない。

けれど、静かに自分に語りかける。

行けるところまで行こう。と。

The following two tabs change content below.
花芽 英莉(かが えり)

花芽 英莉(かが えり)

10代の頃より、心のことに興味を持ち学ぶ。様々な心理療法、セラピー、カウンセリングなどを学び、実践。人の内側の豊かさや、本来のその人らしさに触れることに、いつも感動し、心の探求を続けている。現在は教育関連の仕事に従事。日々、沢山の人との対話から、本当に一人として同じ人はいない豊かさを心から楽しむ。自然の中にいるととても心が落ち着き、元気をもらう。人との出会いから新しい世界を知ることが大好き。その他好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。