新しい服を買うことで感じる自分の変化

久しぶりに服を少し買いました。

服を買うのは楽しいですが、私は買う頻度は高くないです。

だからこそ感じるのかもしれませんが、服を買うと、新しい自分に出会う感覚があります。

服の好みが、それまでと変わっている自分。

新しいタイプの服を着た自分を見て、新鮮な感覚と共に垣間見える新しい自分。

より自分に似合う服が分かっていくような気がして、客観的に自分自身を見れるようになっている自分。

ファッションに強い興味があるわけではないけれど、やっぱり新しい服を買って着るのは楽しいと感じる自分。

新しい服を買って身にまとうことは、どこか違和感を感じていたこれまでの自分から脱皮して、新しい自分になっていくことのように感じます。

これまで着ていた服から過去の自分の面影を感じながら、同時に、新しい服を着ながら、まだ表には出ていないけれど変化している自分の少し未来の姿を感じます。

だから、新しいタイプの服を買いたくなっている時は、自分がそれまでとは変化しているんだなぁ、と感じるのです。

今回買った服は、これまではあまり選ばなかったタイプ。

その服を見ながら、自分の中の変化を静かに感じています。

The following two tabs change content below.
花芽 英莉(かが えり)

花芽 英莉(かが えり)

10代の頃より、心のことに興味を持ち学ぶ。様々な心理療法、セラピー、カウンセリングなどを学び、実践。人の内側の豊かさや、本来のその人らしさに触れることに、いつも感動し、心の探求を続けている。現在は教育関連の仕事に従事。日々、沢山の人との対話から、本当に一人として同じ人はいない豊かさを心から楽しむ。自然の中にいるととても心が落ち着き、元気をもらう。人との出会いから新しい世界を知ることが大好き。その他好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。