モヤモヤやイライラの奥にあるものと手放し方

イライラ

モヤモヤやイライラといったネガティブな感情は、

実に様々なことを私たちに教えてくれる。

その一つが、無意識の期待が要求へと変わった瞬間だ。

ネガティブな感情の奥にある期待と要求

「○○は○○するものだ」と、当たり前のように思っていることがある。

「女性は料理をするものだ」

「親は子どもの勉強を見るものだ」

「ご飯は残さないで食べるものだ」

「上司は適切に仕事の指示をするものだ」

「社長は社員の意見に耳を傾けるものだ」

私たちは、育った環境や、自分の居た環境の中で、

様々なことを学習し、それが当たり前のことと思ってしまうことがある。

そうでない人や状況に出会うまで、疑うことすらない。

けれど、ひとたび自分にとって経験のない状況に置かれると、

「○△☆※?!✖️◇」と、頭の中が大混乱。

「○○は○○するものだ」と思っていた世界に亀裂が入る。

意識することもないほどに当然で、

心と体に溶け込むようにそこにあった「○○は○○するものだ」が、

この瞬間に初めて、意識化され、形あるものとなり、言語化される。

「○○って、○○するものじゃないの?」という具合に。

そうなってみて初めて、

これまで生きてきた中で積み上げられた学習によって、

自分の心と体に「○○は○○するものだ」が埋め込まれていたことに気づく。

この「○○は○○するものだ」は、自分にとってあまりに当たり前なので、

当然のごとくそのことが自然に起こる世界をヨシとし、

新しく足を踏み入れた世界でも、同じことが起こることを無意識のうちに期待する。

そして、期待通りのことが起こっている時は、平和な状態が続いていく。

しかし、期待通りのことが起こらなかった時、混乱が起こり、期待は要求へと変わる。

「○○は○○するものだ」が「○○は○○するべきだ」になる瞬間だ。

要求が満たされない時は、混乱が怒りへと変わっていく。

「○○は○○するべきじゃない?!」と、様相は激しくなっていくのだ。

とはいえ、この一連のことにそう簡単には気づけないから、苦しいのであり、怒りを感じるのだ。

ここでできることは2つ。

自分の感情を観察する

1つは、まず自分の感情を観察すること。

モヤモヤや、イライラ、怒り、違和感、そうしたものを感じたら、スルーせずに気づいて観察すること。

実は、怒りの奥に、自分の世界が揺るがされる不安や心配、恐怖が横たわっていることもあるし、

相手と相容れないことへの悲しみに気づくこともある。

そして、その奥に「○○するべき!」という声が聞こえてくることがある。

感情と思考はくっついてそこに存在していることが多いからです。

更に丁寧に探ってみると、「○○は○○するものだ」が見つかることがあります。

気づけばしめたもの。

ああ、自分はこう感じていたんだな、

ああ、自分の中にはこういう考えがあったんだな、と気づくだけで、

相手や周りへの期待と要求が、ふっと手放せたりします。

誰かに話を聞いてもらう

2つ目は、誰かに話を聞いてもらうこと。

「○○は○○するものだ」は空気のようなもので、当たり前にそこにある。

だから、自分一人ではなかなか気づけない、というのが難しいところなわけです。

もし、聞いてくれる人が、同じ「○○は○○するものだ」を持っていなければ、話が通じなくて気づけるかもしれません。

プロに頼めば、そこは更に確度が高まります。

ひとたび、この気づいていくプロセスに慣れていくと、自分一人でも気づけるようになります。

そうなったら、

日常で感じる苦しみや、

自分を縛る見えない鎖や枠のようなものは消え去り、

どんどん自由に楽になっていきます。

60分傾聴オンラインセッション

新型コロナウィルスの影響により、これまでにない状況になっています。

仕事や生活の変化がもたらす大小のストレスで、心にモヤモヤやイライラ、寂しさ、不安などを溜めていませんか?

自分の気持ちを閉じ込めていませんか?

期間限定の特別価格でのオンラインセッションを提供することにしました。(2020年9月末まで)

詳細はこちらをご覧ください。

お申し込みはこちら

この記事を書いた人

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

カウンセラー/セラピスト/講師/ファシリテーター
カウンセリング・セラピー・コーチングなどを融合させ、人がいのちの喜びを生きることをサポートしています。
10代の頃から心に興味を持ち学ぶ。「自分のやりたいことが分からない」、「感情が分からない」、「人とのコミュニケーションがうまくできない」、自身も苦しんだこれらの悩みに光をもたらしてくれたのは、心の学びを通じて、自分の心を見つめることでした。
悩み苦しみは、転じていのちの喜びへと通じているのだと思います。そのプロセスの伴走をさせていただいています。
好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。また、自然をこよなく愛する。