感性とつながる瞬間がどんどん増えている 身体はその受信器だと思う:杉丸太一さんの演奏を聞いて

朝のあざみ

理屈なく惹かれる

一瞬で共鳴する

そういう時がある

一目見た時に、一行読んだ時に、身体に何かが走ることってあると思う

同じように、一音聞いた時に私の身体は知っていた

これは私にとっての本物であり真実であるということを

朝露と青い花

5月末、安曇野で開かれたコンサートに行っていた

豊かな自然の中で開かれた小規模なコンサート

大規模なコンサートはどうも心に響いてくるものを感じられない私には、とても嬉しい規模だった

今回は、歌い手の吉本有里さんと、ピアニスト杉丸太一さんのコラボコンサート

有里さんの歌声は以前も聴いたことがあり、歌詞とも合わせてやっぱり素晴らしいなと味わっていた

杉丸太一さんのピアノをお聞きするのは初めてだった

有里さんのリードで、杉丸さんのソロパートへと移る

ピアノで即興の曲を弾いてくださることになった

杉丸さんが、椅子に座り、演奏を始める準備をする

私は目を閉じて、その最初の一音を待っていた

鍵盤に置かれた指が動き出し、最初の一音が鳴る

その瞬間、身体に衝撃が走った

そして流れるように続く音たちに乗って、私は一瞬にして海の中にいるような、時空を超えた世界にいるような感覚になった

その音色は、「美しい」という言葉では言い表しきれないものだった

『地球交響曲』というドキュメンタリー映画シリーズに、ダイバーであるジャックマイヨール氏が出演しているものがある

ジャックマイヨール氏は、酸素ボンベなしの素潜りで、深海へと深く深く潜る

映画の中で、その海へと潜るシーンが映し出されている

深く潜るその行為について、なんの意味があるのかと問われたら、分からないし、意味など無いのかもしれない

ただ、その映像を見ていると、内なる世界の深いところへと一緒に潜っていくような感覚になる

時は止まり、考えも止み、ただ静かな地点へ向かって・・・

そこは意味を超えた世界だ

杉丸さんの演奏は、深く深く潜っていくというよりも、もう少し手前で漂うような感覚だが、似たような感覚になった

白い花たち

即興だから、曲の終わりも分からない

どう展開していくかも分からない

まるで海の中で、波に漂いながら身を任せているような感覚

その世界へと連れて行ってくれる音たち

安曇野への移動で疲れていた私は、半分寝ているような起きているような状態だったと思う

けれど、きっとしっかり起きていても、意識は同じ状態だったんじゃないかと思う

なぜなら、その音はダイレクトに感性に響いてくるものだったと思うから

時が止まり、考えも止み、ただ静かな地点を私は漂っていた

いつまでもこの音が、この曲が、続いて欲しいと思った

たった数分の曲が、数時間に思えた

こう文章にしてみると、まるで竜宮城に行っていたかのようだ

私たちは、感性の世界にいると、時空を軽々と超えてしまうのだろう

杉丸太一さんは、「世界の魂を解放するピアニスト」として活動をなさっている

帰り際にCD「愛のパワー オキシトシン」を一枚購入させていただいた

帰宅してから聞いてみたら、CDに収められた音楽は、またその世界へ連れて行ってくれた

この記事を書いた人

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

渡辺 絵梨(わたなべ えり)

カウンセラー/セラピスト/講師/ファシリテーター
カウンセリング・セラピー・コーチングなどを融合させ、人がいのちの喜びを生きることをサポートしています。
10代の頃から心に興味を持ち学ぶ。「自分のやりたいことが分からない」、「感情が分からない」、「人とのコミュニケーションがうまくできない」、自身も苦しんだこれらの悩みに光をもたらしてくれたのは、心の学びを通じて、自分の心を見つめることでした。
悩み苦しみは、転じていのちの喜びへと通じているのだと思います。そのプロセスの伴走をさせていただいています。
好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。また、自然をこよなく愛する。