子どもの言葉にハートを射貫かれる

先日、甥っこと出かけました。

ちょっと暑い日だったので、アイスが食べたい!とおねだりされ、用事に付き合ってくれたからいいよ!と言ってコンビニへ。

ガリガリ君がいい!というリクエストだったので、一緒に選んで買いました。

帰り道、ご満悦の甥っこくん。

良かったねぇ、と微笑みながら見ていたら、食べてた甥っこが、「ねぇ、これアタリ??」と聞いてきます。

ん?どれどれ?と見てみると、アイスの棒になんとアタリの文字が。

あっ、アタリだね!と言うと、飛び跳ねて喜ぶ甥っこくん。

「やったー、やったー!」

小走りに走って行ったと思ったら、振り返って、天使のような笑顔で言いました。

「奇跡って起こるんだね!」(にこっ!)

もう、この言葉と笑顔にハートを射貫かれてしまいました。

なんでしょう。

何の疑いもない、素直で真っすぐなそのエネルギーが、本当に矢のように私の心を射貫きました。

子どもって本当にすごい。

何の曇りのない感性は、本当に直球です。

The following two tabs change content below.
花芽 英莉(かが えり)

花芽 英莉(かが えり)

10代の頃より、心のことに興味を持ち学ぶ。様々な心理療法、セラピー、カウンセリングなどを学び、実践。人の内側の豊かさや、本来のその人らしさに触れることに、いつも感動し、心の探求を続けている。現在は教育関連の仕事に従事。日々、沢山の人との対話から、本当に一人として同じ人はいない豊かさを心から楽しむ。自然の中にいるととても心が落ち着き、元気をもらう。人との出会いから新しい世界を知ることが大好き。その他好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。