自分の良さを受け取る

周りの仲間から、私の良さを言ってもらう機会がありました。

自分自身でも自覚があるもの、嬉しく感じるものもありますが、それとは逆に、恐れ多いような、良く言い過ぎに思えて、受け取れないものもあります。

自分にはまさかそんなものはない、そう見えるかもしれないけど実態はどうしようもない、などなど。

受け取ってない自分、自分を否定する自分がいます。

けれど、現にその私の良さを感じてくれている人がいる。

それもまた現実なのです。

そんな受け取れない、自分ではないものにしている自分の良さ。

あるのにないことにしている。

そう感じることが多いということは、自分をまるまる生きていないんじゃないのか。

もし受け取って、まるまるの自分を生きたらどうなるのか。

ふと、そんな問いが頭に浮かびました。

もし受け取ったら、なんだか人生に新しい風が吹きそうな気がします。

少しずつ味わって受け取っていきたい。

そう思い始めている今日この頃なのです。

The following two tabs change content below.
花芽 英莉(かが えり)

花芽 英莉(かが えり)

10代の頃より、心のことに興味を持ち学ぶ。様々な心理療法、セラピー、カウンセリングなどを学び、実践。人の内側の豊かさや、本来のその人らしさに触れることに、いつも感動し、心の探求を続けている。現在は教育関連の仕事に従事。日々、沢山の人との対話から、本当に一人として同じ人はいない豊かさを心から楽しむ。自然の中にいるととても心が落ち着き、元気をもらう。人との出会いから新しい世界を知ることが大好き。その他好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。