刻々と変わる朝日と空の色合いから、心の内なる旅を感じる

勝浦の日の出

水平線から昇る朝日。

なんて静かで、なんて力強いんだろう。

刻々と、位置と色合いが変わっていく。
 

太陽を見つめ、

しばらく目を閉じて感じる。

そして、目を開ける。

少し上へと昇っている。

太陽の色が、

赤色から少しずつオレンジ色に変わっていく。
 

しばらく目を閉じて感じる。

そして、目を開ける。

水平線が、

珊瑚色から朱鷺色に。
 

しばらく目を閉じて感じる。

そして、目を開ける。

太陽は黄金色へと変化していき、

水平線の朱鷺色が薄まっていく。
 

こんなにも微細に変化していく、

自然の織りなす景色。

個々の位置と関係性とで、

作り出される色合いと風景。
 

そういえば、こんな風に、

目を閉じて、そしてまた開ける、

瞑想をしたことがあったなぁ。
 

同じことは、日常の中でも起きている。

しばらくの間、

外へと向かう目を瞑り、

内側を感じて、

内側を見つめて、

内なる旅をし、

そして、目を開ける。
 

そうすると、

その目に映る世界は変化している。

実は刻々と変化している現実に

気づくことであり、

内側が変わると、

外側の世界が今までとは違って見える、

という体験でもある。

個人セッションのご案内

個人セッションを行っています。

◆こんな方に

  • 自分のやりたいことが分からない
  • 今の人生や仕事に充実感を感じられない
  • 自分はこの仕事をするために生まれた、と思える仕事をしたい
  • 自分を責めてしまう
  • 自分のことを好きになれない
  • 周りの人が自分を責めているように感じる
  • 自己表現や自己主張ができない
  • 自分の気持ちが相手に伝わらない、理解してもらえない
  • 自分を知りたい
  • 自分の気持ちを整理したい
  • 自分らしい人生を生きたい
  • コーチングを受けたことがあるけれど、スッキリしない、うまくいかない
  • 自分で自分を見つめ、セルフカウンセリングができるようになりたい

詳細はこちらをご覧ください。

お申し込みはこちら

この記事を書いた人

わたなべ えり

カウンセラー/セラピスト/講師/ファシリテーター
カウンセリング・セラピー・コーチングなどを融合させ、人がいのちの喜びを生きることをサポートしています。
10代の頃から心に興味を持ち学ぶ。「自分のやりたいことが分からない」、「感情が分からない」、「人とのコミュニケーションがうまくできない」、自身も苦しんだこれらの悩みに光をもたらしてくれたのは、心の学びを通じて、自分の心を見つめることでした。
悩み苦しみは、転じていのちの喜びへと通じているのだと思います。そのプロセスの伴走をさせていただいています。
好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。また、自然をこよなく愛する。