1人で心を見つめる限界

仕事も、1人でできることは限られてる。

日々の暮らしも、誰か家族がいてくれたらぐっと楽になる。

1足す1は2以上になる。

心のことも同じなんだ。

自分1人では、見えないものがある。

聞いてくれる誰か、寄り添ってくれる誰かがいるから、見たことも無いところに行ける。

1人じゃ行けなかった深い深いところに降りて行ける。

暗闇の底から微かに洩れる光を見ることができる。

微かだけど確かにそこにある光に近づける。

The following two tabs change content below.
花芽 英莉(かが えり)

花芽 英莉(かが えり)

10代の頃より、心のことに興味を持ち学ぶ。様々な心理療法、セラピー、カウンセリングなどを学び、実践。人の内側の豊かさや、本来のその人らしさに触れることに、いつも感動し、心の探求を続けている。現在は教育関連の仕事に従事。日々、沢山の人との対話から、本当に一人として同じ人はいない豊かさを心から楽しむ。自然の中にいるととても心が落ち着き、元気をもらう。人との出会いから新しい世界を知ることが大好き。その他好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。