夕焼けを見れる幸せ

なんで、夕焼けを見れると幸せな気持ちになるのかな。

刻々と変わる空の色と、太陽の光と雲が織りなす生き物のようなアート。

一度として同じ夕焼けはないという、貴重な瞬間。

そして、あっという間に夜になってしまうという、名残惜しい気持ち。

夕焼けは、そのうごめく様子で心を惹きつけ、あっという間の去り際で気持ちを揺さぶる。

言葉にしてみると、そういうことなのかもしれない。

今日も、素敵な夕焼けを見れて幸せな気持ちになりました。

東京の夕焼け

こちらは、半月と夕陽のコラボレーションでした。

東京の夕焼けと半月

The following two tabs change content below.
花芽 英莉(かが えり)

花芽 英莉(かが えり)

10代の頃より、心のことに興味を持ち学ぶ。様々な心理療法、セラピー、カウンセリングなどを学び、実践。人の内側の豊かさや、本来のその人らしさに触れることに、いつも感動し、心の探求を続けている。現在は教育関連の仕事に従事。日々、沢山の人との対話から、本当に一人として同じ人はいない豊かさを心から楽しむ。自然の中にいるととても心が落ち着き、元気をもらう。人との出会いから新しい世界を知ることが大好き。その他好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。