鬼海弘雄さんの圧倒的な存在感を放つポートレート写真の数々に心を奪われる

以前、写真を学びに顔を出したワークショップで、何人かの写真家さんの写真が紹介されていた。

その中で、惹きつけられたのが鬼海弘雄さんの写真だった。

すごくインパクトのある写真の数々にすっかり心を鷲掴みにされ、その衝動のままに写真集「東京ポートレート」と「ぺるそな」を購入してしまったほどだ。

この2つの写真集には、鬼海弘雄さんが30年以上に渡って、浅草の浅草寺境内で、通りかかった人を呼び止め撮り続けた写真が集められている。

どの写真に写る人も圧倒的な存在感があり、心に訴えかけてくるものがある。

その存在が放つ、何とも言えない強い力に惹きつけられて見入っていると、写っている人への興味がふつふつと湧いてくる。

一枚一枚の写真に、写っている人を表す端的なコメントも添えられている。

とても独特なコメント一つ一つが、写っている人の人生を少しだけ垣間見させてくれ、また更にその人への尽きない興味が湧いてくるのである。

この方は、一体どんな職業に就いているんだろう?

どんな人生を送ってきたんだろう?

そして、これからどんな人生を送っていくんだろう?

一体どこから来て、どこへ行くんだろう?

・・・と。

写真を見つめていると、まるで今、この人と、或いは旅路の途中にあるこの人の魂と出会っているような気にすらなってくる。

もちろんどの人も、会ったこともない知らない人なのに、だ。

それくらいの圧倒的な存在を、リアリティを、精神を、感じられるのだ。

写真は白黒だが、この白黒であることが、その人の存在や魂といった純粋で本質的な部分を際立たせているようにも感じる。

一人の人間の存在感、重量感。

光と影あるいは美しさと醜さを内包する強烈な生、そんなものも濃密に伝わってくる。

そして、見終えたあとに、 言葉にしがたい気持ちが心に残る。

苦いようで甘い、可笑しいようで悲しい、希望の隣に切なさがある、、、そんな相反する気持ちが入り混じり、複雑な深みを帯びた余韻が残る。

時々、本棚に置いてあるこの写真集の表紙を見るだけで、そんな複雑な気持ちが入り混じった不思議な感覚になる。

参考ページ:鬼海弘雄さん(Wikipediaより)写真集「東京ポートレート」(amazon)写真集「ぺるそな」(amazon)

The following two tabs change content below.
花芽 英莉(かが えり)

花芽 英莉(かが えり)

10代の頃より、心のことに興味を持ち学ぶ。様々な心理療法、セラピー、カウンセリングなどを学び、実践。人の内側の豊かさや、本来のその人らしさに触れることに、いつも感動し、心の探求を続けている。現在は教育関連の仕事に従事。日々、沢山の人との対話から、本当に一人として同じ人はいない豊かさを心から楽しむ。自然の中にいるととても心が落ち着き、元気をもらう。人との出会いから新しい世界を知ることが大好き。その他好きなことは、旅、読書、音楽を聞くこと、散歩。