ビジョンクエストでの体験と気づき

タバコの葉と花束

2015年秋、私は女神山にいた。

知人の紹介で、ビジョンクエストに参加していたのだ。

ビジョンクエストは、ネイティブアメリカンが行なっていたという通過儀礼であり、ずっと前から興味を持っていた。

森や荒野でたった一人幾晩か過ごし、自分の人生でその時に必要なことを大自然と共に行ったり、あるいは未来への啓示を受ける。

自分の使命を知るため、もしくは、人生の転機を迎えた時に行う儀式である。

内容の詳細は、誰の元で行うかや、その時の自分の状態によって異なるようだ。

私は、初日の集合後、キーパー(知恵をキープする責任を負っている人)に連れられ、森の中へ向かった。

キーパーは、坂の中腹辺りで、尾根のへりに位置する場所を、私の場所として指定した。

一人分のテント丁度くらいの広さのゆるやかな平地、脇には目印になる木が一本立っていた。

その定められた範囲が私の場所だった。

この場所で、自分専用のテントを立て、1週間近く一人で過ごすことになった。

“ビジョンクエストでの体験と気づき” の続きを読む

人の持つ魂の質と音色が、心に深く刻まれる時

小さな白い花

お線香をあげに、亡くなった知人のお宅へ伺った。

もうこの世から旅立った故人の、一度も伺ったことのないお宅へとお邪魔するのは、

考えてみると不思議な状況である。

ご家族の方ともこれまでお会いしたことはない。

初対面の人同士が、自宅というとてもプライベートな空間で、その間をつなぐ人の存在なしに会う。

亡くなっているからこそ受け入れられているこの状況は、通常時の感覚で振り返ると、少し奇妙に感じられる。

けれど、故人とつながっていたという共通点が、間を取り持つ。

“人の持つ魂の質と音色が、心に深く刻まれる時” の続きを読む

色とりどりに咲き誇る花が、季節といのちの巡りを教えてくれる ブログ開設2年が経ちました

春の色とりどりの花

桜に、春の思い出の余韻を感じる

ここのところの追われる毎日に一段落がつき、外をゆっくりと散歩した。

八重桜の時期になっていた。

八重桜

八重桜のボリュームある花たちを楽しみながら、

ソメイヨシノの木の下に落ちた花びらにも目が行く。

桜の種類は本当に沢山あるけれど、

ソメイヨシノには、やはりこの季節独特の思い出や、出来事を思い出させる何かがある。

“色とりどりに咲き誇る花が、季節といのちの巡りを教えてくれる ブログ開設2年が経ちました” の続きを読む

かた焼きそばの思い出〜幼い頃の特別だった料理が、もっと心温まる特別な料理になった日

薪ストーブ

中華料理屋で、懐かしい料理を注文する

ある日の夕食を、中華料理屋でとった。

たくさんのメニューを前にして、何を注文するか迷った。

私は、食事をとる時、お腹さんと相談して決めている。

この時もいつもの通り、お腹さんに相談してみると、ご飯のついた定食が食べたい気分とのこと。

メニューをめくりながら、定食がないか探していた。

けれど、あまりにも多いメニューを見るのが楽しくて、注文するつもりのないものも含めてゆっくりと見ていた。

すると、メニューの中に、かた焼きそばを見つけてしまった。

“かた焼きそばの思い出〜幼い頃の特別だった料理が、もっと心温まる特別な料理になった日” の続きを読む

まんまるの満月が教えてくれた 私たちは一人一人何一つ欠けてなんかいないまんまるの存在であるということ

満月

どんな人の中にもいる、小さな私、小さな僕

とても健気な小さな自分

小さな自分が欲しくて欲しくてたまらないものがある

“まんまるの満月が教えてくれた 私たちは一人一人何一つ欠けてなんかいないまんまるの存在であるということ” の続きを読む

レーベルカフェトーキョー(麻布十番駅徒歩5分)、一人の時間が過ごせる静かなカフェ

レーベルカフェの店内

麻布十番の落ち着いた雰囲気が好きだ。

駅に降り立ち、街を歩くたびに感じる。

人が暮らしている匂いと、どこかゆったりとした日常を感じさせる雰囲気。

暮らす人や訪れる人々から、この街が愛されていることを感じる。

“レーベルカフェトーキョー(麻布十番駅徒歩5分)、一人の時間が過ごせる静かなカフェ” の続きを読む

早朝の車窓 幻想的な空の移り変わりに心を奪われる 一瞬が永遠に感じられる時間

雲海と日の出

朝、5時台の電車に乗ることがある。

冬至の頃は、真っ暗で漆黒の闇に包まれる時間だった。

けれど、春分が近づくこの頃は、

空が幻想的な色に染まる時間になった。

駅へ向かう道を歩いていると、

頭上の空がだいぶ明るいことに驚く。

東の空を見てみると、

地平線近くが、ベルト状にオレンジ色に染まっていた。

“早朝の車窓 幻想的な空の移り変わりに心を奪われる 一瞬が永遠に感じられる時間” の続きを読む

混沌としてきた頭の中のものを全て書き出した 可視化されたことでどんな変化が起こるか楽しみだ

軽井沢に咲く黄色い花

今年に入ってから、色々と行動していることがある。

忙しさも手伝って、頭の中が混沌としている。

もちろん、考えたいことはあって、時折頭に浮かんでは消えていく。

まとまることもあるし、ふと新たな気づきがあることもある。

時々、散文のようにして書き出すこともある。

今日は、もう少しまとまった時間の中で、いま考えていることを書き出してみた。

“混沌としてきた頭の中のものを全て書き出した 可視化されたことでどんな変化が起こるか楽しみだ” の続きを読む